ケール、大麦若葉、明日葉の成分比較についての記事です 皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

> >> ケール、大麦若葉、明日葉の成分比較
> >> ケール、大麦若葉、明日葉の成分比較
> >> ケール、大麦若葉、明日葉の成分比較

ケール、大麦若葉、明日葉の成分比較


様々な原材料が使われている青汁ですが、青汁に使われている頻度の高い「三大野菜」と呼ばれる原料があります。

・ケール
・大麦若葉
・明日葉


上記の3つの野菜がそうなのですが、もしみなさんが青汁を飲まれているとすれば、一度成分表示を確認してみて下さい。
恐らく、これらの野菜が使われているのではないでしょうか。
最近では、桑や甘藷若葉、長命草(ボタンボウフウ)といった原料が使われている青汁も出てきましたが、やはり青汁に使われている原料のシェアは3大野菜が大方を占めているようです。

青汁は当初、栄養価の高い「ケール」で作られ販売されていました。
しかし、ケールは栄養価は高いものの、えぐみや青臭さも強く、「マズイ、もう一杯!」というCMができるほど、口当たりの良くないものでした。
また、TVの罰ゲームでも使われるほどで、「青汁」=「マズイ飲み物」というイメージが定着していきました。

しかしその後、栄養価も高く口当たりの良い「大麦若葉」が注目され、そのお茶のような飲みやすさから、現在では青汁のシェアの半部以上を大麦若葉が占めるようになりました。

また、「健康ブーム」というものもあり、青汁は口当たりの良い健康的な飲み物として、私たちの中に浸透してきました。

青汁の三大野菜とも呼ばれる、ケール、大麦若葉、明日葉ですが、それぞれ成分にも特徴があります。

青汁の三大野菜の特徴は?

★ケールの特徴


ケールは、アブラナ科の野菜でキャベツの原種ともいわれています。
ケールには総カロテンを始め、ビタミンC・ビタミンE・ルテイン・カルシウム・マグネシウム・葉酸・食物繊維、カルシウムなどの栄養素をバランス良く含んでいるスーパー野菜です。
またカルシウムを含んでいるだけでなく、その吸収力もすごいところも特徴です。
味はキャベツのようなやや青臭い味と独特のえぐみがありますが、最近の青汁では口当たり良く改良されているのも多いです。


★大麦若葉の特徴


大麦若葉はイネ科の植物で、豊富な食物繊維を始め、ビタミンB2・E、ミネラル、クロロフィル(葉緑素)がバランスよく含まれています。
特に、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、新陳代謝を良くする成分も含まれており、便秘がちな方や美容や健康に気を使われている方にはぴったりの青汁です。
また、味や香りにクセがなく抹茶のような味わいで青汁の初心者の方も美味しく飲むことができるのも特徴です。


★明日葉の特徴


明日葉はセリ科の植物で、ケールと並ぶほど抜群の栄養素をバランスよく含んだ野菜です。
明日葉の主な特徴としては、茎や根を切った時に出てくる成分「カルコン」です。
カルコンは、明日葉だけの成分で、体内のセルライト(老廃物)除去などのデトックス効果や動脈硬化、生活習慣病予防にも効果があると注目されています。
日葉は、独特の苦みとクセがあり、味としては大麦若葉や桑の青汁に比べると飲みにくさを感じるかもしれません。



それぞれ特徴があるものの、実際に同一成分で比較するとどんな差があるのでしょうか?

青汁の三大野菜を同一成分で徹底比較

ケール 大麦若葉 明日葉 キャベツ
 βカロテン(μg) 2,900 2,538 5,300 50
 ビタミンC(mg) 81 32 41 41
 ビタミンE 2.4 1.19 2.8 0.1
 ビタミンK 210 370 500 78
 ビタミンB1 0.06 0.064 0.1 0.04
 ビタミンB2 0.15 0.147 0.24 0.03
 ビタミンB6 0.6 0.055 0.16 0.11
 カリウム(mg) 420 320 540 200
 カルシウム(mg) 220 29 65 43
 鉄(mg) 0.8 4.2 1 0.3
 マグネシウム(mg) 44 16 26 14
 食物繊維(g) 3.7 4.1 5.8 1.8
 葉酸(μg) 120 40 100 78

※参考:日本食品標準成分表

上記は、三大野菜の原材料100g当たりの成分比較したものです。
こうして見ると、各原料ごとに多く含まれる成分は違いがわかりますね。

ケール・・・ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、葉酸

明日葉・・・βカロテン、カリウム、食物繊維、ビタミンK

大麦若葉・・・鉄分、ビタミンB2


ビタミン、ミネラル類の栄養価について言えば、ケール・明日葉が高いようです。
しかし、けして大麦若葉の栄養価が「低い」というわけではなく、私たちが普段サラダで生食するキャベツと比較すると、その栄養価の高さは一目瞭然です。

ケール・明日葉は、独特のえぐみや苦味があるため、飲みにくさを感じる青汁も多いですが、大麦若葉はお茶のような味わいのため、口当たり良く飲むことができる青汁も多いです。
このため、栄養価を取るならケール・明日葉、成分と味のバランスで選ぶなら大麦若葉が良いと言えそうです。

大麦若葉青汁№1は?
えがおの青汁
えがおの青汁

オススメ度: ★★★★★
えがおの青汁グラフ◆特徴
えがおの青汁は、他の青汁では類を見ないほど、沢山の健康的な原料を使っているところが特徴です。また、全て「国産原料」であるところも安心感があるポイントです。

★大麦若葉(熊本阿蘇産)
ビタミン・ミネラル・ポリフェノール・食物繊維等野菜の栄養素がバランスよく含まれています。
★長命草(沖縄県与那国島産)
契約農家の無農薬栽培「一株食べれば一日長生きできる」と言われるほど栄養たっぷり。
ビタミン・ミネラル・ポリフェノールも沢山含んでいます。
★発酵黒生姜(高知県産)えがおの青汁
発酵で匂いや辛みが抑えられ、有効成分を高めています。 
体を温めたり、生活習慣対策にも。
★アガベ・イヌリン(メキシコ産)
消化されにくい水溶性の食物繊維がたっぷり
★ケール(島根県産)
★桑葉(島根県産)
えがおの青汁また、成分としては、植物性乳酸菌・寂光大豆胚芽(イソフラボン含有)・貝カルシウム・乳性たんぱく・マグネシウム・ビタミンDなどなど
・・・これほど多くの体に良い栄養素が含まれているんです!一本のステックに...まさに驚きですね!

また、これだけの原料を使っているのにも関わらず、さっぱりとした口当たりも魅力です。
ほんのりとした甘さもあり、抹茶そのものと言った味わいで、子供からお年寄り、青汁初心者の方でもすんなりと始めることができる美味しさも人気です。

感想・評価    公式サイト


その他 大麦若葉のオススメ青汁は?


POLAのP&DELI 若葉と花の青汁
無農薬 化学肥料不使用 美容成分 主原料国産
大麦若葉、甘藷(かんしょ)若葉・屑の花・サンゴカルシウム・黒豆きなこ・キダチアロエ・玄米黒酢等
女性の不足しがちな成分を補ってくれる美容青汁です。あまり青汁に使われない素材も入っていて、女性に不足しがちな食物繊維・カルシウム・鉄など補ってくれるところも特徴です。
オススメ度 ★★★★★

感想・評価
公式サイト
やずやの養生青汁
無農薬 化学肥料不使用 主原料国産
大麦若葉、はと麦
大分県の契約農家が無農薬栽培で丹念に育てている大麦若葉を使用。野菜の栄養素が体に吸収されやすくするために繊維を丹念に取り除いるのも特徴です。
オススメ度 ★★★★☆

感想・評価
公式サイト
初摘み若葉青汁
有機栽培 主原料国産
大麦若葉、ごま若葉、海藻カルシウム
ポリフェノールたっぷりのごま若葉と牛乳よりも吸収率の高い海藻カルシウムを使い飲みやすく仕上げられています。
オススメ度 ★★★★★

感想・評価
公式サイト




ケール青汁№1は?
はちみつ青汁
はちみつ青汁

オススメ度 ★★★★★
はちみつ青汁グラフ◆特徴
キューサイのはちみつ青汁の成分表記は、ケール、はちみつ、有胞子性乳酸菌、ビタミンC、ビオチンと、とてもシンプルです。

甘さはありますが、合成的な甘味料や物質が入ってないのも、子供を持つ親としては嬉しいですね。
ケールは野菜の王様というほど豊富な栄養素を含んでいます。
はちみつ青汁スティック1本の中には、
カロテン...ピーマン約8個分はちみつ青汁
ビタミンC...いちご約7.6個分
カリウム...グレープフルーツ約0.5個分
食物繊維...セロリ約1.7個分
カルシウム...牛乳約909g

こんなに多くの栄養素が含まれているんです。
又、ケールは契約農家さんが化学肥料不使用で無農薬不使用で作られたものなので安心感もあります。
はちみつは、あの有名な山田養蜂場さんのはちみつで、ミネラルを豊富に含んでいます。また、酸に負けない善玉菌を「2憶個」とそれを助けるビオはちみつ青汁チンが配合されているのも嬉しいですよね!

また、キューサイのはちみつ青汁のすごいところは、何と言っても初回特典ですね。
送料無料・シャカシャカカップに加え、初回特典として30本入りのはちみつ青汁がもう一箱付いてくるのもかなりお得感がありますよね。




感想・評価    公式サイト


その他 ケールのオススメ青汁は?


アルカディ元気な青汁有機ケール
有機栽培 無添加 主原料国産
ケール
「有機ケール」以外の原料が何も使われていない完全無添加の青汁です。
カフェインやタンニンも一切使われていませんので、赤ちゃんの離乳食としても安心して使えるところもポイントですね。
オススメ度 ★★★★★

感想・評価
公式サイト
グリーンハウス レモンの青汁
無農薬 化学肥料不使用 主原料国産
ケール、レモン果汁
レモンの果汁は、ケールの青汁を飲みやすくするだけでなく、スティック2本で成人1日に必要なビタミンCを摂れてしまうのも嬉しいですね!酵素タップリの青汁です。
オススメ度 ★★★★☆

感想・評価
公式サイト
ファンケルの青汁粉末
主原料国産
ケール、DFAⅢ等
ファンケルの畑は、土づくりからこだわり「中嶋農法」を採用。ケールはカルシウムを含んでいるだけでなく、吸収力もすごい青汁です。
オススメ度 ★★★★☆
感想・評価
公式サイト
ステラの贅沢青汁
主原料国産
ケール、クロレラ、長命草
オススメ度 ★★★★★

感想・評価
公式サイト
グリーンハウス 天然青汁
無農薬 化学肥料不使用 主原料国産
ケール、キャベツ・ニンジン・トマト・ホウレンソウ・セロリ・パセリ・青じそ・よもぎ等
オススメ度 ★★★☆☆

感想・評価
公式サイト




明日葉青汁№1は?
ふるさと青汁
ふるさと青汁

オススメ度 ★★★★★
ふるさと青汁グラフ
◆特徴
ふるさと青汁は主に明日葉が主原料です。
ふるさと青汁では、100%八丈島産の明日葉を使用。農薬や化学肥料を使わず、丹精込めて育てられているのがパッケージからも良くわかります。

明日葉は、ケールよりバランスの取れた栄養素も魅力ですが、人気の秘密は明日葉の茎や根を切った時に出てくる成分「カルコン」です。
カルコンは世界でも明日葉以外は類を見ない成分で、体内のセルライト(老廃物)ふるさと青汁除去などのデトックス効果や動脈硬化、生活習慣病予防にも効果があると注目されている成分です。

ふるさと青汁では、そのカルコンを含む葉っぱ・茎だけではなく、一番栄養素があるとされる根っこの部分まで、まるごと使用しているところも特徴です。
又、一緒にブレンドされている、大麦若葉は、三大ふるさと青汁青汁野菜の一つと言われるほど、ビタミン・ミネラル等バランス良く含み、桑の葉は、食物繊維や鉄分βカロテンなどを含んでいます。
こう考えると、
明日葉→むくみ予防・病気予防・ダイエット効果
大麦若葉→野菜の豊富な栄養成分補給
桑の葉→便秘予防・美容効果
こんなにいろいろな効果が一杯の青汁で期待できるのは嬉しいですよね。


感想・評価    公式サイト


その他 明日葉のオススメ青汁は?


マイケアハーブ系青汁【めぐりごごち 楽・月・花】
美容成分 主原料国産
明日葉、生姜、ヒハツ、黒糖、きくらげ等
ノンシュガーのハーブティーのような味わいでリラックス感漂う青汁です♪
味だけでなく、生姜やヒハツきくらげなど、女性に嬉しい成分が多く使われているところも特徴です。
オススメ度 ★★★★☆

感想・評価
公式サイト
あしたば青汁みどり
主原料国産
明日葉、大麦若葉、キダチアロエ等
オススメ度 ★★★☆☆

感想・評価
公式サイト



青汁に合うレシピ
前の記事:青汁と野菜ジュースの比較と特徴

青汁と野菜ジュースの比較と特徴についての記事です

次の記事:気になる口臭対策に青汁

気になる口臭対策に青汁についての記事です

運営者プロフィール
ずぼら母さん画像
名前 ずぼら母さん
性別 女性
出身地 三重県鈴鹿市
自己紹介 はじめまして、青汁が好きで好きでたまらないアラフォー主婦のずぼら母さんです。現在の目標は全ての青汁を制覇すること(笑)
ずぼら母さん
今月のおすすめレシピ
神仙桑抹茶ゴールドのサンプル
神仙桑抹茶ゴールドを使った抹茶風味シェイク

すっごく飲みやすい♪ 冷たくて美味しい抹茶風味のシェイク

Copyright © 2014 【ずぼら青汁】 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ . All rights reserved