目指せ青汁全制覇!ずぼら青汁ブログ

ケール青汁とアトピーの関係についてご紹介しています 皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

青汁にアトピー性皮膚炎の改善効果はあるの?

青汁の成分がアトピー改善にいいって本当?

青汁の成分がアトピー改善にいいって本当?

かゆみと湿疹に悩まされるアトピー性皮膚炎。
ステロイドによる対処療法がメインですが、ステロイドは長期間の使用には向かないし、根本的な解決にはなりません。
そんな中、アトピーを改善できるかもしれないと期待されているのが青汁です。
ここでは、アトピーに青汁がなぜ効くのか、どんな成分が良いのかなどを含め、詳しくご紹介します。

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは?

「アトピー性皮膚炎(アトピー)」はアレルギーの一種で主に小児期に発症する、かゆみの強い慢性的な湿疹です。
体には人体に影響を与える病原菌(アレルゲン)が体に侵入したとき、それを排除するための「抗体(IgE抗体)」があります。
しかし、アレルギー体質の人はこの抗体の働きが過剰になってしまうため、人体には無害な物質にまで反応して排除しようとするために起こります。
アトピーのアレルギー反応が起こると、湿疹が出たり、肌がひどくかゆくなったりします。

アトピーは再発する?

アトピーは成長すると治ると言われてきましたが、成人になってから再発したり、重症になったりするケースもあります。
一旦良くなったように見えてもまた悪くなることが多く、なかなか治らないのが特徴です。

アトピーの症状には個人差があり、原因はまだ解明されていません。
アレルギーを起こしやすい体質、皮膚のバリア機能の低下、アレルギー物質に対する敏感な反応、自律神経の乱れ、免疫力の低下、腸内環境の悪化などの要因が重なり合って症状が現れるといわれます。

アトピー悪化の原因は?

アトピー悪化の原因は?

アトピーが悪化してしまう原因はさまざまです。
まずはかゆみを我慢できず、ついつい引っ掻いてしまうといった直接的な刺激があります。
引っかいてしまうと、ただでさえ低くなっている皮膚のバリア機能がさらに低下します。
刺激をますます受けやすくなり、細菌が増殖しやすい状態になって、アトピーが悪化します。

アトピー悪化の原因は、汗をかいたままなど不潔な肌状態、石けんやシャンプー、化粧品、洗剤、ダニ、ホコリ、肌の乾燥などの「外的要因」と、野菜不足・偏った食生活、食品添加物の摂取、動物性たんぱく質・動物性脂肪・オレイン酸・リノール酸の摂取、不規則な生活、ストレス、寝不足、過労などの「内的要因」があります。

その中でも「内的要因」については食生活や生活習慣が関わっていることが多いですね。
特に、動物性たんぱく質や動物性脂肪は、牛乳・チーズなど体に良さそうなものも含まれていますが、消化に時間が掛るため、体内で悪玉菌の餌にもなりやすく、血液をドロドロにする原因とも言われています。

また乳製品に含まれる「カゼイン」というタンパク質の一つがアレルゲンになるとも言われています。
このことからも、生活環境や食生活を見直して体内環境を整えるのも、アトピー改善の一歩となりそうですね。

アトピー改善には食生活の見直しを

アトピー改善には食生活の見直しを

皮膚にいい栄養素は?

アトピーの人には低タンパク、ビタミンA不足、ビタミンB群不足、鉄欠乏、亜鉛不足などの人が多いと言われます。
今あげた5つは、皮膚を作ったり、健康に保ったり、バリア機能をサポートしたりするために必要な栄養素ですね。ここでは、皮膚の機能を高める栄養面を見てみましょう。

タンパク質

爪や筋肉のほか、皮膚を作る材料となるのがタンパク質です。新しい綺麗な皮膚を作るために必要なので、十分に摂取することが大切です。

ビタミンA

過剰に摂ると頭痛や吐き気などが心配されますが、不足すると皮膚が異常に乾燥したり免疫力が低下したりします。皮膚をスムーズに作り、皮膚や粘膜を保護するために必要な栄養です。

ビタミンB群

ビタミンB群にはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸などがあります。タンパク質などを体内で効率よく利用するために働くので、代謝ビタミンとも呼ばれています。お互いに助け合いながら働くので、一緒に摂ると良いでしょう。

ビタミンC

コラーゲンを作るために必要で、健康な肌を作ることに一役買っています。白血球の働きを助けて免疫力を強化したり、強い抗酸化作用で皮膚の老化を防いだりもしてくれます。

ミネラル

亜鉛は皮膚の細胞を正常に分裂させるために必要で、不足すると免疫機能が低下します。赤血球に含まれていて酸素を運ぶのに使われる鉄も大切です。アトピーの人には鉄欠乏性貧血の方が多く、鉄不足によるかゆみも生じるといわれています。

食物繊維

便秘になると吹き出物ができて、お肌が荒れると聞きますよね。食物繊維はお肌に直接的に良い栄養ではありませんが、体内のデトックスを促して免疫力を高め、肌を健やかにします。老廃物を絡めとって排出するので腸の中が綺麗になり、皮膚を作るのに必要な栄養素の吸収率も上がります。

免疫力アップと腸内環境について

免疫力アップと腸内環境について

アトピーの原因は明らかになっていませんが、予防と改善には免疫力を高めることが大切です。そして、腸には約6割もの免疫細胞が存在している免疫器官ということもあり、腸内環境を整えることが免疫力アップには欠かせません。
腸内細菌を大きく分けると悪玉菌と善玉菌、そして日和見菌に分かれます。
悪玉菌が増えると腸内環境が悪くなりますが、しっかり食物繊維を摂るとお通じが改善され、悪玉菌の増加が抑えられます。

また、食物繊維は善玉菌のエサとなって善玉菌を元気にさせます。食物繊維を摂ることで、悪玉菌は増えにくく善玉菌は元気になり、腸内環境が良くなって免疫力のアップが期待できます。

青汁がアトピーに良い理由は?

青汁がアトピーに良い理由は?

アトピーと栄養について読んできてもらいましたが、皮膚に良い栄養は十分にとれそうですか?タンパク質は肉、魚、卵などから食事で十分にとれそうですね。
でも、ビタミン類やミネラル類、食物繊維はどうでしょう。
厚生労働省が推奨している野菜の摂取量は1日350g、食物繊維目標摂取量は、成人男性19g以上、成人女性17g以上となっています。
ごぼうの食物繊維量が100gあたり5.7gくらいなので、ごぼうなら毎日300g以上を食べなければいけない計算です。
野菜も、緑黄色野菜と淡色野菜を組み合わせても、毎日350g食べるのはとても大変です。


でも、あきらめる必要はありません。野菜のエキスを凝縮した青汁を飲めば、食物繊維、ビタミン類、ミネラル類をたっぷり摂れるからです。
健康食品の青汁は、皮膚に良い栄養を摂り、免疫力を高めるうえで大変強い味方となってくれるのです。

アトピー改善に適した青汁は?

アトピー改善に適した青汁は?

主原料に「ケール」が使われている青汁がアトピー改善にはおすすめです。
ケールは、「野菜の王様」とも呼ばれ、総カロテン(ビタミンA)を始め、ビタミンC・ビタミンE・ルテイン・カルシウム・マグネシウム・葉酸・食物繊維、カルシウムなどの栄養素をバランス良く豊富に含んでいる緑黄色野菜です。

ケールには肌の水分量を増やすと共に、アトピー反応の指標にもなる血中の好酸球の数を減らす働きがあります

また、ケールの青汁で有名なファンケルの研究発表によると、アトピーの人がケールの青汁を継続して摂ることにより、アトピーでない人の体質に近付き体質改善ができたという結果もあります。
この研究で、ケールに含まれるポリフェノールの一種「フラボノール配糖体」が、(花粉症などを含む)アレルギー症状改善に有効な物質であるというデータがあります。

ケールのクセのある味が飲みにくい方は、免疫力を高める効果のある「大麦若葉」、強い抗酸化作用のある「明日葉」などが原料の青汁も良いでしょう。
どの成分で作られた青汁にも、腸内環境を整えるために大切な食物繊維、皮膚に良いビタミン類やミネラル類は豊富に含まれています。

ケールのおすすめ青汁はコレ!

ファンケル本搾り青汁ベーシック

ファンケル本搾り青汁ベーシック

原材料

ケール(国内産)、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、DFAⅢ

ポイント
・ミネラル農法で育てられた国産のケール使用の青汁
・植物性ツイントースで結石予防のできるカルシウム吸収率アップ
・1包で1食分の緑黄色野菜をサポート
・500円で送料無料の初回お試しセットがあります

ファンケル本搾り青汁ベーシックは、ビタミン類やミネラル類が豊富なケールの青汁です。

土から作るミネラル農法で育てた国内産ケールをベースに、ファンケルが作った植物性ツイントース(オリゴ糖)を使用し、牛乳50ml分とカルシウムの吸収が強化されています。
ケールは、シュウ酸量が少なく、カルシウムが豊富な原料というのが特徴。
ファンケル本搾り青汁ベーシックでは1食分の緑黄色野菜量を補うことができます。
一日3包が目安量ですが、どれだけの成分が摂れるのかあらかじめわかっているため、野菜を摂った時には飲む包数を減らしたり、摂れなかった時に飲んだりと、飲む量の調整ができるところもポイントです。
なんと今なら税込500円の価格で試すことができるところもオススメポイントです。
実際試したレビューはこちらから。
公式サイトはこちらから。

好転反応について

好転反応について

東洋医学において、治療の過程で一時的に起こる体調悪化を「好転反応」と言います。
青汁を飲むことで体質が変わる際にも、全身のアトピー症状が悪化するなどの好転反応が出ることがあります。
現れる時期は飲み始めてすぐの事もあれば、1年後のこともあります。
期間も個人差がありますが大体1ヶ月程度と言われています。

しかし、青汁はゆるやかに体を変えていくので、劇的にアトピー改善しない代わりに、強い好転反応が出るケースも稀なようです。
ただし、野菜アレルギーの方は、野菜のしぼり汁からできている青汁を飲むことでアトピーが酷くなるため注意が必要です。
また、青汁は薬ではないので、今進めている対症療法を続けながら飲みます。
青汁を飲むからと、急にステロイドや消炎鎮痛解熱剤をやめて出る激しいアトピー症状は、青汁による好転反応ではありません。
原因療法として青汁で体質を変えながら、徐々に減らしていってくださいね。

まとめ

ここまで青汁のアトピー改善効果について読んでもらいましたが、いかがでしたか?
皮膚に良いビタミンやミネラル、腸内環境を整えて免疫を高める食物繊維が豊富な青汁。
飲み続けることでゆるやかですが体質改善の効果があり、アトピーの改善が期待できます。
安心して飲み続けるために、医療機関にかかって薬を処方されている方は医師に相談してから青汁を飲むと良いでしょう。



総合青汁ランキング ダイエットにも使える人気の青汁は?

先月度の人気の青汁BEST3


青汁に合うレシピ

カテゴリ内の新着記事

前の記事:人気青汁の比較ランキング! あなたにおすすめの青汁は?

総合青汁ランキング 人気の青汁と選び方の特集記事です。

次の記事:青汁でダイエットできる?効果的な飲み方とおすすめ青汁はコレ!

青汁でダイエットできる?効果的な飲み方とおすすめ青汁はコレ!の記事です

ずぼら母さん
イチ押しの青汁
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉の葉・根・茎まで使用。「カルコン」が体をデトックス!

すぼら母さん
おすすめ青汁BEST10
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉使用。飲みやすさと栄養分ともに抜群!毎月、圧倒的な人気を誇る青汁です。

美感青汁のサンプル
美感青汁

女性から人気のジェル型青汁。そのまま食べられて持ち運びにも便利

神仙桑抹茶サンプル
神仙桑抹茶ゴールド

桑葉を使った無添加青汁。お茶職人が作った抜群の飲みやすさ!

運営者プロフィール
ずぼら母さん画像
名前 ずぼら母さん
性別 女性
出身地 三重県鈴鹿市
自己紹介 はじめまして、青汁が好きで好きでたまらないアラフォー主婦のずぼら母さんです。現在の目標は全ての青汁を制覇すること(笑)
Copyright © 2014 ずぼら青汁 - 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ . All rights reserved