目指せ青汁全制覇!ずぼら青汁ブログ

ずぼら母さんの目指せ青汁全制覇!青汁の辛口レビューと簡単レシピ集でDHC ケール青汁+食物繊維 について詳しくご紹介しています。 皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

DHC ケール青汁+食物繊維

商品名 ケール青汁+食物繊維 30袋
主な原材料 ケール、緑茶等
主な産地 ケール(国産、農薬不使用)
金額 2,800円(税別)
1袋あたりの金額 93円
送料 500円
初回購入特典 なし
定期購入特典 ■お届け定期コース
5%OFF→2,660円(税別)
※3,000円以上は送料無料

>>ケール青汁+食物繊維の公式サイトはこちら

DHC ケール青汁+食物繊維を実際試したレビューとなります

DHC ケール青汁+食物繊維してみることにしました!
注文した3日後に商品が到着しました。

DHC ケール青汁+食物繊維
届いた箱を開けてみました。

DHC ケール青汁+食物繊維
商品と一緒に、化粧品サンプルと商品カタログが入っていました。
こういったちょっとしたプレゼントって嬉しいですよね。
ですが、肝心の青汁の説明の書いてある物が全く入っていなかったのが残念です。
この青汁についてはサイトの情報も少ないので、もう少し詳しく知りたかったですね。


DHC ケール青汁+食物繊維
青汁のパッケージを開けてみました。
少し大きめの内袋です。

DHC ケール青汁+食物繊維をのんでみます

DHC ケール青汁+食物繊維
4.3gの青汁を100mlお水の中に入れます。
封を切る緑茶っぽい爽やかな香りがしました。粉はやや薄めのグリーンです。


DHC ケール青汁+食物繊維
スプーンでかき混ぜると溶け残りがスプーンにくっつくので、良くかき混ぜましょう。


DHC ケール青汁+食物繊維
完成です!
キレイなグリーンの青汁です。

DHC ケール青汁+食物繊維の味は?

ケールの青汁ということで、ケールの青臭さも感じますが、濃厚さはなく薄薄めでさっぱりとしているので、甘さのある野菜汁といった味でした。ただ、私には少し薄いかなーと感じてしまいました。
飲んでいる時はさほどケールの味は感じませんが、香りが鼻に抜ける時はケールの味を感じました。
さっぱりとして甘さもあるので、スイーツ系のレシピに使いやすそうですね。

DHC ケール青汁+食物繊維の良いところ・おすすめポイント

化粧品で有名な「DHC」から出ている青汁です。
ケールをまるごと乾燥・微粉砕する独自製法でケールの豊富な栄養と難消化性デキストリンでお腹の調子を整え便通を改善する、特定保健用食品の青汁です。
要するに便秘を改善したい人に向けた青汁ですね。

DHC ケール青汁+食物繊維には、トクホマークが付いており、1日目安量で6.9gもの食物繊維(難消化性デキストリン)を手軽にとることもできます。

★特定保健用食品(トクホ)とは?
特定の保健に関する効果が科学的に証明され、その機能が役立つことが科学的に実証され、その内容を表示することを消費者庁から許可された食品です。

★気になったこと
DHCのビッグネームとトクホのマークのある青汁ということで、安心感のある青汁ですが、気になる事がいくつかありました。

・ケールの産地はどこか?
ケール青汁という商品名ですが、使っているケールについての説明が、サイトにもパッケージにもどこにも記載はありません。
産地はどこでどんな栽培方法で、どのようにして青汁が作られているのか、ずっと続けるなら気になるものです。
気になったのでDHCに電話をして尋ねたところ、しばらく待たされて「お答えできません」「別の部署に電話をかけて下さい」という回答でした。
その後別の部署に電話をしたのですが全く電話が繋がらない。結局30分ほど電話を鳴らし続け、やっと出て貰えた方の回答は「国産です。それ以上の事は開示できません」とのことでした。
国産ならなぜ「それ以上の産地を開示できないのか」、逆に不信感が湧きましたね。(単にオペレーターが調べ方を知らないだけなのかもしれませんが・・・)
この機械的な電話応対と自社製品への愛着のなさを感じ、少し閉口してしまいました。

・主原料は難消化性デキストリン
この青汁は、「ケール青汁」と銘打たれているのですが、その主原料となっているのは難消化性デキストリン(食物繊維)です。お腹の調子を整えるためには沢山入れないといけないのかもしれませんが、青汁としてはどうなんだろうと気になりました。

DHC ケール青汁+食物繊維の気になるところやイマイチなところ

DHC ケール青汁+食物繊維

「1日目安量で6.9g(セロリ7本分)もの食物繊維(難消化性デキストリン)を手軽にとることができます。」
とサイトには謳われています。
こう読むと一袋で6.9gの食物繊維が摂れそうな感じですが、サイトの一番下には小さく「1日3袋総重量12.9gあたり食物繊維として6.9g)」との記載がありました。
ということは、1日6.9gの食物繊維を摂ろうとした時、3袋(344円)を飲まないといけないことになります。これってコスパ的にどうなんだろう・・・と考えてしまいました。

とある青汁のランキングサイトさんでは、「DHCケール青汁1袋でセロリ7本分食物繊維が摂れる」、などと紹介されていましたが、完全に間違えちゃってますね。

青汁は4.3g 30袋入り 2,800円+税1本当たり93円(税・送料別)です。
一般的な青汁の平均的な金額といったところでしょうか。

しかし、こちらの青汁は1日3袋飲むのが目安となっていますので、コスパ的に考えたらずっと続けるのは厳しさがあるかもしれません。
ただ、定期コースが設けられており、定期で申し込むと5%OFF、ネットポイント、プレゼントなど、大手のメーカーならではの嬉しいお得もあります。

DHC ケール青汁+食物繊維の成分詳細情報

名称 ケール加工食品
内容量 129g(4.3g×30袋)
原材料名 水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、ケール末、ショ糖、麦芽糖、緑茶末、スピルリナ末
栄養成分
(1袋4.3gあたり)
熱量11Kcal、たんぱく質0.2~0.3g、脂質0~0.1g、糖質1.4g、食物繊維2.3g、ナトリウム0.2~10mg 関与成分:難消化性デキストリン(食物繊維として)1.7g

DHC ケール青汁+食物繊維を飲んだ感想と評価

ケールをまるごと乾燥・微粉砕する独自製法でケールの豊富な栄養と、難消化性デキストリンでお腹の調子を整え、便通を改善する特定保健用食品のDHCの青汁です。
ケールの青臭さは抑え、さっぱりとした口当たりになっているのですが、少し薄い気もしました。
また、青汁についての情報もあまりなく、続ける青汁について詳しく知ることができなかったのが残念です。
コスパ的にも目安量だけ飲むと思いの外厳しくなってしまうのも考えてしまうところでしたね。

人気青汁の比較ランキング! おすすめの青汁№1は?

ディーエイチシーの会社概要

会社名 株式会社ディーエイチシー
所在地 〒106-8571
東京都港区南麻布2丁目7番1号
TEL 03-3457-5311(代)
代表取締役 吉田 嘉明
創業 1972年
設立 1975年
資本金 33億7,729万円
従業員 3,028名(2016年4月21日現在)
主要取引銀行 りそな銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行

我が家のイチオシ!DHC ケール青汁+食物繊維の楽しみ方♪

DHC ケール青汁+食物繊維 ★青汁アップルケーキ(4人分) リンゴを使って食物繊維たっぷりな、簡単リンゴケーキを作ってみました。 バターやベーキングパウダーもいらないので、家にある材料でパパッと作ることができますよ。 DHCケール青汁+食物繊維を使うことで、更に食物繊維をアップ! 青汁に甘さがあるので、お砂糖を少なくすれば、更にヘルシーに食べることができます。 ただ、ケーキにケールの味が少し出てしまうので、気になる方はシナモンパウダーを入れるのもオススメです。 簡単に作ることができるので、気軽にヘルシーなおうちカフェが楽しめますよ♪ リンゴの季節にいかがでしょうか^^ (詳しい作り方はレシピのコーナーでご紹介します)

先月度の人気の青汁BEST3


青汁に合うレシピ

カテゴリ内の新着記事

前の記事:オルビス そば若葉青汁

ずぼら母さんの目指せ青汁全制覇!青汁の辛口レビューと簡単レシピ集でオルビス そば若葉青汁 について詳しくご紹介しています。

次の記事:北海道まるごと青汁(お試しセット)

ずぼら母さんの目指せ青汁全制覇!青汁の辛口レビューと簡単レシピ集で北海道まるごと青汁(お試しセット) について詳しくご紹介しています。

ずぼら母さん
イチ押しの青汁
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉の葉・根・茎まで使用。「カルコン」が体をデトックス!

すぼら母さん
おすすめ青汁BEST10
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉使用。飲みやすさと栄養分ともに抜群!毎月、圧倒的な人気を誇る青汁です。

美感青汁のサンプル
美感青汁

女性から人気のジェル型青汁。そのまま食べられて持ち運びにも便利

神仙桑抹茶サンプル
神仙桑抹茶ゴールド

桑葉を使った無添加青汁。お茶職人が作った抜群の飲みやすさ!

運営者プロフィール
ずぼら母さん画像
名前 ずぼら母さん
性別 女性
出身地 三重県鈴鹿市
自己紹介 はじめまして、青汁が好きで好きでたまらないアラフォー主婦のずぼら母さんです。現在の目標は全ての青汁を制覇すること(笑)
Copyright © 2014 ずぼら青汁 - 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ . All rights reserved