目指せ青汁全制覇!ずぼら青汁ブログ

更年期障害を予防しよう!使える青汁は?についての特集記事です 皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

更年期障害を予防しよう!使える青汁は?

更年期は誰もが迎えるもの 心身の準備をしよう

更年期は誰もが迎えるもの 心身の準備をしよう


更年期を迎える心構えを

卵巣は30代をピークに徐々に働きが衰え、閉経を迎える時期を「更年期」といいます。
更年期はホルモンバランスの崩れにより様々な症状を引き起こすと言われています。
この時期の女性は忙しく、ストレスも溜まりやすい時期ですが、できるだけ症状は少なく、更年期という節目をリラックスして乗り切りたいものですね。

今回は更年期時期の気になる症状の予防改善、青汁の活用方法について特集します。

そもそも更年期とは?

そもそも更年期とは?

個人差がありますが、「閉経を迎える前後の期間」のことです。
一般的には、45~55歳くらいだと言われていて、ホルモンバランスの乱れが原因で心身に様々な症状を引き起こします。
しかし、症状には個人差があり、ほとんど症状がわからない程度の人もいれば、日常生活を送ることも困難になる人もいます。

更年期症状の仕組みは?

更年期症状はどうして起こるの?

女性の卵巣は30代にピークを迎え、徐々にその働きは衰えます。
また卵巣の働きが衰えると同時に卵巣から分泌される女性ホルモンの一種エストロゲンが少なくなります。
しかし、脳ではエストロゲンの分泌を通常通り行うように、卵胞刺激ホルモンが大量に分泌されているのです。
そのことにより、ホルモンのバランスが崩れ、体に不調があらわれて日常生活に支障をきたす場合もあります。
また、自律神経の働きにも影響を及ぼし、自律神経失調症の様な症状が出る場合もあります。
このような更年期の症状を「更年期症状」、強い症状を「更年期障害」と呼んでいます。

更年期症状・更年期障害とは?

更年期症状・更年期障害とは?

更年期症状には個人差があり、心身に様々な症状が出ることが多いようです。またそれに応じた治療が必要です。

エストロゲンの減少による自律神経の乱れにより、ほてり・のぼせ・発汗といった「ホットフラッシュ」と言われる症状や不眠といった症状。
めまい、動悸や息切れ、冷え、しびれ、肩こり、ひん尿、尿漏れ、膀胱炎、頭痛、不眠、高血圧、イライラ、じんましんなどのアレルギー症状といった、様々な不快症状が起こります。

上記以外にも、エストロゲンの分泌が少なくなると、血糖値が上がりやすくなったり、内臓脂肪が付きやすくなります。 更年期期間の女性は、糖尿病や動脈硬化になりやすいリスクも高まるので注意が必要です。

また、掛り付けの病院を作っておくことも大切です。
更年期時期の不快症状を感じたら、迷わず病院に相談しましょう。

更年期はどんな栄養が必要?

更年期はどんな栄養が必要?

更年期の食事はバランス良く

毎日の食事は「バランス良く」が基本です。
特にカルシウム・亜鉛などのミネラル、大豆に含まれる大豆イソフラボンなどが更年期女性には効果的です。
毎日の栄養バランスを考え必要な栄養素を取り入れてみましょう。
以下は特に更年期症状に効果があると言われている成分です。

更年期に摂りたい栄養成分

大豆イソフラボン

大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種です。
構造がエストロゲンに似ているため、植物エストロゲンとも言われています。
そのため、摂取すると不足しているエストロゲンと同じような働きをして、更年期症状の予防改善効果もあると言われています。
また、細胞にダメージを与え様々な不調の原因となる「活性酸素」の働きを抑えてくれる働きもあります。

カルシウム

エストロゲンが減少すると、骨中のカルシウムが血液の中へ溶け出すのを抑制しにくくなり、骨中のカルシウムが不足しがちです。
そのため骨粗鬆症にかかる可能性もあり、カルシウムを意識して補給することも大切です。
青汁の原料のケールに多く含まれています。

亜鉛

更年期症状はホルモンバランスの乱れによって引き起こされます。
亜鉛はホルモンバランスを整える働きがあるため、更年期女性の摂りたい栄養成分の一つです。

抗酸化成分

体のサビつきや老化を防ぐアンチエイジング成分です。
ビタミンC、βカロテン、ビタミンE、SOD酵素、ポリフェノールに豊富に含まれています。

不規則な生活を送っている方は、体質改善効果を得られるようにしたいものですね。
青汁にはビタミンC・ビタミンE・ビタミンB2・βカロテン(ビタミンA)といった、抗酸化成分が豊富に含まれている他、カルシウムも豊富です。
ただし、偏ったものばかりを摂る「過剰摂取」は禁物です。
大豆イソフラボンについては、1日40~50mgを目標にしましょう。(上限70~75mg)(豆腐1/2丁、納豆1パック程度が目安です)


更年期におすすめの青汁は?

食事は30品目を目標にと、頭では分かっているものの、毎日の生活の中でなかなか摂りきれないのが現状のようです。
青汁には私たちが普段サラダでは口にしない、栄養価の高い野菜が使われおり、バランス良く不足しがちな栄養素を補ってくれます。
特にケール、明日葉、大麦若葉は、青汁の三大原料とも言い、通常食卓に並ぶ野菜と比較しても群を抜いてビタミン・ミネラルが豊富に含まれているところが特徴です。
特におすすめの青汁をピックアップしましたので、青汁選びのご参考にして下さいね。

めぐりごこち 楽月花

楽月花

原材料

あした葉茎末、オリゴ糖、生姜粉末、きくらげ粉末、ヒハツ抽出物(デキストリン、ヒハツエキス)、西洋ヤナギ抽出物、西洋オトギリ草抽出物、西洋ニンジンボク抽出物

ポイント

・女性ホルモンバランスを整える「西洋ヤナギ」、「西洋ニンジンボク」を配合
・デトックス作用のある明日葉が主原料。むくみ予防にも。
・ハーブのフレーバーでリラックス効果。
・生姜の効果で新陳代謝をUP。冷え性予防にも効果的です。

めぐりごこち楽月花はふるさと青汁でおなじみのマイケアが、女性特有の悩みのために作ったハーブ系の青汁商品です。
主原料にデトックス効果のあるあした葉を使い、こだわりの奄美諸島・徳之島産の生姜、身体を温める「ヒハツ」・「黒糖」、不足しがちな鉄分・ビタミンD・食物繊維・セラミドを含む「きくらげ」、リラックス効果やホルモンバランスを整える「西洋ヤナギ」、「西洋ニンジンボク」を原料に、野菜分補給の他に、女性の体のサイクルを考えた成分をプラスして作られています。
また、飲みやすさとリラックス効果を考えたハーブの風味も、女性には嬉しいですね。
生理痛や冷え性の方向けに作られたおすすめの青汁です。もちろん冷え症の男性にもおすすめです。
めぐりごこち 楽月花を試したレビューはこちら。
めぐりごこち 楽月花の公式サイトはこちら。

ふるさと青汁

ふるさと青汁

原材料名

あしたば葉・茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末

・抗酸化成分が豊富な明日葉は、葉だけでなく茎・根まで使用
・明日葉の特有成分「カルコン」は体のサビ付きを防止する抗酸化成分が豊富。
・更年期の女性に必要なカルシウムの多い桑葉を配合。
・カリウムが豊富でデトックス効果やむくみ対策にも使える
・初回申し込みに2週間分のプレゼント

ふるさと青汁は国産明日葉を主原料に、桑の葉末、大麦若葉末が配合されている青汁です。
ふるさと青汁の明日葉は、葉だけでなく茎・根まで使われているところが特徴です。
明日葉は更年期の女性に必要な亜鉛も豊富。
さらに明日葉の特有成分「カルコン」は、体のサビ付きを防ぐ抗酸化成分も多く含んでいます。
また、桑葉にはケールに勝るカルシウムが含まれているところもポイントです。
安心の国産原料を使い、更年期の女性に必要な栄養素をたっぷりと含んだ青汁です。
青汁を豆乳で割れば大豆イソフラボンの補給もしやすいですよ。
今なら初回2週間分のプレゼントの特典もついているのも嬉しいですね!
ふるさと青汁を試したレビューはこちら。
ふるさと青汁の公式サイトはこちらから。

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁

原材料

クロレラ、ケール、長命草、ステアリン酸カルシウム

ポイント

・更年期の女性日必要なビタミンCやカルシウム豊富なケールの青汁
・アルカリ性食品の王様、クロレラが配合
・粒タイプなので味を気にせず飲むことができる
・賦形剤を使っていないので身体への吸収率アップ
・定期購入割引がありコスパが良く続けやすい

ステラの贅沢青汁はクロレラ、ケール、長命草を使った粒タイプの青汁です。
青汁の味が苦手な方もサプリメントのような粒状なので味を気にせず飲むことができるところがおすすめです。
ビタミン類・ミネラル類・食物繊維・葉緑素・アミノ酸を1日3粒~でサポートできてしまうところも嬉しいですね。
バランスの良い栄養素に加え抗酸化作用のあるビタミンCや葉酸も豊富なケールに青汁には珍しいクロレラの成分が配合されています。
クロレラは、緑藻の一種で、「アルカリ性食品の王様」とも呼ばれ、ミネラル・ビタミン群・アミノ産などの天然成分40種類以上を含む万能の葉緑素です。
また、長命草は、カロチン・ビタミンC・ビタミンEを多く含み、健康や美容に良く長命の源です。
(国産クロレラ、国産長命草、国産ケールを使用しています)
また、ステラの贅沢青汁は賦形剤を使用していないので、体内での吸収率も良く、効率的に栄養を摂れるところもポイントです。
ステラの贅沢青汁を試したレビューはこちら。
ステラの贅沢青汁の公式サイトはこちらから。


最近は「若年性更年期障害」も

若年性更年期障害

最近では20代・30代でも更年期障害と似たような症状が出る「若年性更年期障害」を訴える方も増加しています。
「若年性更年期障害」は「プチ更年期又はプレ更年期」とも呼ばれ、不規則な生活習慣や食生活、体に負担のかかるダイエットでの栄養不足、喫煙、冷え症、極度のストレスなどによりホルモンバランスが乱れてしまうのが原因だと言われています。
生理予定日に生理が来ない、生理期間が短い・長いなどの生理不順の症状も続くようです。
これらの症状を放っておくと、不妊や閉経を迎えてしまう可能性もあります。 規則正しい生活習慣で若年性更年期障害改善効果を得ていきたいものです。


アラフィフ女性の美容をサポートするおすすめ青汁は?

アラフィフ

青汁でアラフィフ世代も若々しく

少し前までは「アラフォー」という言葉を良く耳にしましたが、最近は「アラフィフ」という言葉を耳にしますね。
「アラフィフ」とは「around fifty」つまり50歳周辺の年代の世代です。
また、外見は年齢よりも若々しく、才色兼備な女性を指す「美魔女」という言葉も出て来ましたね。

このように若々しさを保つために、不足しがちな成分を強化されている「美容系の青汁」も注目されるようになりました。
美容系青汁には、年齢を重ねた中高年の女性に必要な大豆イソフラボンやカルシウム、亜鉛といった成分や、コラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分が配合されているんです。

美容系の青汁を選ぶことで、わざわざサプリメントで補わなくても、青汁一杯で野菜成分と美容成分同時に補えてしまうところが嬉しいですね。

老化の原因は「活性酸素」

抗酸化成分

老化の原因の一つと言われているのが、「活性酸素」と呼ばれる物質です。
活性酸素とは、呼吸によって体内に取り込まれた酸素が変化して発生する有害物質です。
活性酸素は体を酸化させる(サビつかせる)原因となり、体の老化を早めたり、がん、糖尿病といった生活習慣病のの引き金ともなります。
私たちの体には活性酸素の増加の抵抗力として、抗酸化の役割を担う酵素が備わっていますが、この抗酸化してくれる酵素も年齢を重ねる度減少するため、活性酸素>抗酸化酵素という具合に、両者のバランスが崩れ、老化を進めていくのです。

また、加齢だけでなく、様々な外的要因も活性酸素を増やす原因となるのです。
抗酸化作用のある成分としては、ビタミン類・ポリフェノールなどが有効であると言われています。
アンチエイジングを目指す女性にとっては、「抗酸化成分」は要チェックの成分ですね。

青汁に含まれる シミ・シワ予防に効果的な成分とは?

シミ・シワ

青汁には美容成分の配合された美容に特化した青汁もあります。
美容系の青汁は、野菜のみの青汁に比べるとやや値段も上がりますが、女性の年齢肌に不足しがちな成分や嬉しい成分が配合されています。
以下は美容青汁に良く含まれる成分です。

● コラーゲン
● コエンザイムQ10
● プラセンタ
● ヒアルロン酸

このような美容成分が配合されている青汁を活用すれば、青汁に含まれるビタミンやミネラルと同時に美容成分も摂ることができます。
肌表面のケアと共に肌の必要成分を補って内面から老化によるシミやシワの対策をしたいものですよね。
また便秘もお肌の天敵です。
青汁には豊富な食物繊維が含まれているため、肌荒れ予防にも有効です。

高橋ミカプロデュースの美力青汁

高橋ミカプロデュースの美力青汁

原料

大麦若葉粉末、難消化剤デキストリン、オリゴ糖、ブトウ糖、デキストリン、フィッシュコラーゲン、抹茶粉末、セラミド含有米抽出物、ローヤルゼリー粉末、ビタミンC、香料、ヒアルロン酸

ポイント

・ヒアルロン酸、フレッシュコラーゲン、セラミド、ビタミンC、ローヤルゼリーの5大美容成分が配合
・ビタミンCが、レモン、約2.4個分、パッションフルーツ約、4個分、シークワーサー約28個分配合
・栄養機能食品(ビタミンC)
・100%九州産の大麦若葉使用
・200項目以上の残留農薬チェックの安心感
バラのフレーバーティー風味で、リラックス効果もアップ!
・5日分1,000円のお試しセットあり

「美力青汁」は、メイン野菜に国内産原料「大麦若葉」を使い、ビタミン、ミネラル、食物繊維に加え、女性に嬉しい美容成分も配合されている青汁です。
女性に必要な美容5大成分、ヒアルロン酸(水分補給)、フレッシュコラーゲン(ハリの保持)、セラミド(潤いの保持)、ビタミンC(抗酸化作用)、ローヤルゼリー(美容・健康)が、青汁と一緒に補えるので大人ニキビ対策や肌荒れ対策にも効果的です。
又、栄養機能食品(ビタミンC)で、美力青汁1杯(内容量5g)で抗酸化作用のあるビタミンCが、レモン、約2.4個分、パッションフルーツ約、4個分、シークワーサー約28個分も含まれていて、肌荒れの原因ともなるビタミン不足も解消できます。
青汁にはめずらしいバラの香りで、リラックス効果もアップさせてくれます。
また、200項目にも及ぶ、残留農薬検査も行い、安全への心掛けや品質管理においても、安心して続けられる青汁ですよ。

高橋ミカプロデュースの美力青汁beautyを試したレビューはこちら。
高橋ミカプロデュースの美力青汁beautyの公式サイトはこちらから。


ホルモンバランスの乱れる更年期の白髪予防にも青汁

白髪予防にも使える青汁とは?

更年期を迎える世代でも、白髪でお悩みの方も少なくありませんね。
更年期の女性は、女性ホルモンの低下が白髪の原因となっているようです。

白髪の仕組みは?

髪の毛根部分にはメラノサイトと呼ばれるメラニン色素を作り出す部分があります。
このメラノサイトで作られるメラニン色素によって髪の毛は黒色となるのです。
ところが様々な原因により、メラニン色素が少なくなると、髪は黒の色が着かず、白いままの髪の毛となります。
これが白髪のできる仕組みです。

白髪予防になる成分は?


食事による白髪予防は「バランス良く」が基本です。
中でも白髪予防に良いと言われている成分はいくつかあるのでご紹介します。

タンパク質

髪の毛の主成分です。豆腐、肉類、魚類、卵などに多く含まれています。

ビタミン類

ビタミンA、Eは血行促進効果で栄養分を髪に十分に運びます。また抗酸化作用で体の錆びつきや病気の原因を予防します。
ビタミンB類は代謝を促進させてくれる栄養素です。
中でも特にB12は、メラノサイトを活性化させる働きがあります。
またビタミンB群の葉酸も血液を作りメラニン色素を増加させてくれます。

亜鉛

皮膚や髪を作る亜鉛は、髪の健康を保つために必要な成分です。

メラノサイトを活性化させ、メラニン色素を増加させる働きがあると言われています。

ヨード

昆布ワカメなど海藻類に多く含まれ、代謝をサポートするミネラルです。

カルシウム

メラノサイトを活性化させ、メラニン色素を増加させてくれます。


このような白髪予防に役立つ栄養素は、青汁には豊富に含まれています。
青汁にはビタミン・ミネラル類が豊富に含まれています。
また、ビタミン・ミネラルだけにとどまらず、大豆やカルシウムなどが青汁に配合されて強化されているタイプもあります。
白髪が気になる方が、白髪予防になる成分が含まれている青汁を摂ることで、一石二鳥の効果が得られそうですね。
肌や髪は年齢が出てしまうところですが、内面から必要な成分を補って、いつまでも若々しく過ごしたいものですね。

おわりに

更年期時期の女性は、家庭の事、仕事の事、人間関係の事など自分を取り巻く環境で忙しく、自分の健康については二の次になってしまうことも良くあります。
また、定年時期や両親の介護などで生活のリズムも変動があり精神的にもストレスが溜まりやすい時期でもあります。
忙しい時期は、青汁でサポートして栄養のバランスを整えるもの一つの方法です。
こころと身体の準備を整え、症状は少なく、更年期という節目をリラックスして乗り切りましょう。


総合青汁ランキング ずぼら青汁人気のおすすめ青汁は?



先月度の人気の青汁BEST3


青汁に合うレシピ

カテゴリ内の新着記事

前の記事:特定保健用食品【イサゴール】のレビュー

特定保健用食品【イサゴール】のレビュー記事です

次の記事:スッキリむくみ解消!おすすめ青汁は?

むくみをすっきり解消!おすすめ青汁は?についての特集記事です

ずぼら母さん
イチ押しの青汁
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉の葉・根・茎まで使用。「カルコン」が体をデトックス!

すぼら母さん
おすすめ青汁BEST10
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉使用。飲みやすさと栄養分ともに抜群!毎月、圧倒的な人気を誇る青汁です。

美感青汁のサンプル
美感青汁

女性から人気のジェル型青汁。そのまま食べられて持ち運びにも便利

神仙桑抹茶サンプル
神仙桑抹茶ゴールド

桑葉を使った無添加青汁。お茶職人が作った抜群の飲みやすさ!

運営者プロフィール
ずぼら母さん画像
名前 ずぼら母さん
性別 女性
出身地 三重県鈴鹿市
自己紹介 はじめまして、青汁が好きで好きでたまらないアラフォー主婦のずぼら母さんです。現在の目標は全ての青汁を制覇すること(笑)
Copyright © 2014 ずぼら青汁 - 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ . All rights reserved