目指せ青汁全制覇!ずぼら青汁ブログ

青汁の健康効果と栄養成分についての特集記事です。 皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

なぜ健康にいいの?野菜成分の多い青汁はコレ!

青汁の健康効果

最近では、健康維持や野菜不足解消のために青汁を飲まれている方も多いですね。
しかし、「青汁」と一口にいっても、最近では青汁に使われる原料も様々で、美容成分や乳酸菌が入ったものなど、配合成分も多種多様です。
そのため、「青汁」と言えども原料や配合成分によって得意とする効果や効能もそれぞれに違っているのです。
今回は、青汁が健康にいいと言われる理由と、野菜を十分にサポートできるおすすめの青汁をご紹介します。

健康効で果選ぶ!おすすめ青汁はコレ!の目次です


青汁はどうして健康にいいの?

青汁はどうして健康にいいの?

青汁には、5大栄養素の中でも体の働きに必要な成分である「ビタミン」「ミネラル」が豊富に含まれています。
ビタミンは、体の調子を整える栄養素で13種類あります。
ビタミンの多くは体内で作ることができないため、食べ物から摂取しなくてはいけません。
ミネラルは、主に体の組織を構成する栄養素で、カルシウムやマグネシウム、鉄などがあります。
青汁の原料には、私たちが普段食卓でなかなか口にすることのない、栄養価の高い野菜が使われているため、効率的に体に必要な栄養素を摂取できるところも「青汁は健康にいい」と言われている理由です。

青汁に使われる栄養価の高い原料とは?


昔は青汁と言えば「ケール」、味は罰ゲームに使われるほど「まずくて苦い」というのが定番でした。
しかし、最近では、原料や味、形状なども多様化され、目的に合わせて青汁を選べるようになってきています。

昔は「ケール」が代名詞だった青汁も、大麦若葉、明日葉、桑葉、長命草、甘藷若葉など、様々な原料が使われています。
中でも、青汁の大半を占めているのが、大麦若葉・ケール・明日葉の青汁の三大原料とも言われる野菜です。
この青汁の3大原料には、私たちが普段サラダなどで口にする野菜に比べても数倍~数十倍もの豊富な栄養素が含まれているんですね。

大麦若葉・ケール・明日葉の栄養素で特に優れているのが、βカロテン・ビタミンC、食物繊維、鉄、カルシウム、カリウムです。
表は一般的なサラダの食材である「キャベツ」と100g当たりの成分比較をしたものです。

ケール 大麦若葉 明日葉 キャベツ
 βカロテン(μg) 2,900 3,850 5,300 50
 ビタミンC(mg) 81 70 41 41
 カリウム(mg) 420 228 540 200
 カルシウム(mg) 220 29 65 43
 鉄(mg) 0.8 4.16 1 0.3
 食物繊維(g) 3.7 4.6 5.8 1.8
※参考:日本食品標準成分表、青汁マイスター資格認定テキストブック

このように青汁の原料には豊富な栄養素が含まれているんですね。
また、大麦若葉、ケール、明日葉には、SOD酵素やカルコンなどそれぞれ特有成分もあり、更に健康効果をアップさせてくれます。

↓更に詳しく青汁の栄養成分について書いています。
栄養成分が豊富!原料と目的で選ぶおすすめ青汁は?


健康に欠かせない野菜成分をサポート!おすすめ青汁3選はコレ!


ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁

原材料

クロレラ、ケール、長命草、ステアリン酸カルシウム

ポイント

・栄養価の高いクロレラが配合された青汁
・粒タイプなので味を気にせず飲むことができる
・賦形剤を使っていないので身体への吸収率アップ

ステラの贅沢青汁はクロレラ、ケール、長命草を使った粒タイプの青汁です。
青汁はまずくて飲めないという方も、サプリメントのような粒状なので味を気にせず飲むことができるところがおすすめです。
ビタミン類・ミネラル類・食物繊維・葉緑素・アミノ酸を1日3粒~でサポートできてしまうところも嬉しいですね。
特に注目は青汁には珍しいクロレラの成分です。
クロレラは、緑藻の一種で、「アルカリ性食品の王様」とも呼ばれ、ミネラル・ビタミン群・アミノ産などの天然成分40種類以上を含む万能の葉緑素です。
また、長命草は、カロチン・ビタミンC・ビタミンEを多く含み、健康や美容に良く長命の源。
ケールは、バランスの良い栄養素に加え鉄分の吸収を高めるビタミンCや赤血球を作る葉酸も豊富な野菜の王様です。
(国産クロレラ、国産長命草、国産ケールを使用しています)
また、ステラの贅沢青汁は賦形剤を使用していないので、体内での吸収率も良く、効率的に栄養を摂ることができますよ。

ステラの贅沢青汁を試したレビューはこちら。
ステラの贅沢青汁の公式サイトはこちらから。

ふるさと青汁

ふるさと青汁

原材料

あしたば葉・茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末

ポイント

・国産の明日葉の葉だけでなく茎・根まで使用。
・デトックス効果のあるカルコンを配合。
・食物繊維が豊富な桑葉や大麦若葉も配合。
・初回購入で2週間分のプレゼントあり。

ふるさと青汁は八丈島産の明日葉を主原料に、桑葉、大麦若葉が配合した青汁商品です。
ふるさと青汁の明日葉は、葉だけではなく茎・根を使用しているところも特徴。
明日葉の特徴は特有成分の「カルコン」です。
カルコンは、ポリフェノールの一種で、細胞にブドウ糖を取り込む手伝いをする「インスリン」と似た働きをするため、血糖値を下げる効果やセルライトの原因となっている老廃物や不純物を解消してくれるデトックスやダイエット成分としても注目されています。
更に、明日葉は「クマリン」という抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれており、血流を改善し、むくみを予防する働きをすると言われています。
明日葉に含まれるカリウムはナトリウムを体外に排出する働きや利尿効果がありますので、高血圧やむくみの予防にも役立ちます。
また、「難消化性デキストリン」は、デキストリン(デンプンを分解したもの)を更に分解した水溶性食物繊維の一種です。
明日葉の持つカリウム、カルコンのパワーに加え、桑の食物繊維、大麦若葉の栄養素など、一度に摂ることができるのが嬉しいですね。
便秘対策、ダイエット、糖尿病予防、むくみ予防をしたい人に特におすすめです。
今なら初回2週間分のプレゼントの特典もついているのも嬉しいですね!

ふるさと青汁を試したレビューはこちら。
ふるさと青汁の公式サイトはこちらから。

サンスター健康道場 おいしい青汁

サンスター健康道場おいしい青汁

原材料名

ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモン、クチナシ色素

ポイント

・9種類の緑野菜を使用、ノンカフェイン
・リンゴとレモンを配合され、ピューレ状でスムージーのような飲みやすさ
・缶タイプなのでいつでもどこでも飲むことができる
・1本で青野菜の栄養素約90gをサポート
・保存料・香料・食塩・砂糖無添加
・お試し10本セットで手軽に試すことができる

ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモンといった9種類の青野菜にリンゴとレモン2種類の果物を配合した、ピューレ状の青汁です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維など不足しがちな栄養素がバランスよく含まれていて、すりおろしたての野菜ピューレのとろみやフレッシュ感があります。
1本で青野菜の栄養素約90gを補うことがでるところもポイントです。
缶タイプなので朝食時や風呂上がりに手軽に飲むなど、飲みたい時にすぐ飲むことができるのもいいですね!
野菜の味わいをそのまま活かし、加熱をおさえて加工したフレッシュピューレ製法で作られています。
今ならサンスター公式サイトからお試し10本セットで手軽に試すことができるのでおすすめです!
サンスター健康道場 おいしい青汁を試したレビューはこちらから。
サンスター健康道場 おいしい青汁の公式サイトはこちらから。


大麦若葉、ケール、明日葉、特有成分と効果


大麦若葉の特有成分

大麦若葉

大麦若葉の特徴的な成分としては、「SOD酵素」があります。
SOD酵素とは、スーパー・オキサイド・ディスムスターゼ酵素の略で、強い抗酸化作用を持つため、体のサビつきやがんなどの病気の原因となる「活性酸素」を抑える働きがあります。
老化予防や生活習慣病予防にも効果的です。
SOD酵素は、ケール、明日葉にも含まれていますが、特に大麦若葉に豊富に含まれています。
その他にも、鉄分・食物繊維が豊富に含まれており、便秘の改善貧血予防にも効果があります。

ケールの特有成分

ケールの特有成分

ケールの含有成分の特徴としては、「カルシウム」の多さです。
ケールはカルシウムだけでなくカルシウムの吸収率も高く、カルシウムの吸収性について言えば、牛乳より高いという研究結果もあります。
その他にも、ケール特有成分で抗酸化力のあるイソチオシアネート、睡眠ホルモンの一種であるメラトニン、目の健康を保つルテインを含んでいるのも特徴です。
イソチオシアネートは特にアブラナ科の野菜に多く含まれていて、強い抗酸化作用や殺菌作用があり、がんの予防や血液をサラサラにする効果があります。
またまた、「ケール」に含まれる「糖脂質」は、花粉症を緩和させてくれるメリットもあります。

明日葉の特有成分

明日葉の特有成分

明日葉の特徴的な含有成分としては、茎や根を切った時に出てくるポリフェノールの成分「カルコン」があります。
カルコンは、明日葉だけの成分で、体内のセルライト(老廃物)除去などのデトックス効果や動脈硬化、生活習慣病予防にも効果効能があると注目されています。
また、せり科の植物である明日葉には「クマリン」というポリフェノール成分も多く含まれ、アルツハイマー病を予防する効果も期待されています。


青汁を飲むとどんな健康効果があるの?


野菜不足の解消

野菜不足の解消

厚生労働省により策定された「健康日本21」によると、日本人1日あたりの目標野菜摂取量は「350g」が目安となっています。
これはサラダの小鉢に換算すると、約5皿分もの量に相当するんですね。
しかし、実際には日本人の野菜摂取量は平均で280gというデータがあり、野菜から摂れる栄養が不足しているのが現状です。
青汁の原料には、私たちが普段食卓でなかなか口にすることのない、栄養価の高い野菜が使われているため、効率的に体に必要な栄養素を摂取できるので、野菜不足を感じる時のサポートとして適しています。

便秘の予防や改善の効果

便秘の予防や改善の効果

厚生労働省の調べによれば、女性の約2人に1人が便秘の症状があるという結果が出ているほど、便秘に悩む方は増えています。
青汁が便秘に良いと言われる理由は、原料として良く使われるケール、大麦若葉、明日葉、桑などには、私たちが普段サラダで食べているレタスよりも数倍~数十倍もの食物繊維が含まれているからです。

便秘の予防・改善をするためには、食物繊維の摂取が大きく関わります。
食物繊維には、腸内の動きをスムーズにして便通を整えたり、体内の老廃物を排出したりする働きがあり、便秘対策には不可欠な栄養素です。
また、最近では、青汁そのものに乳酸菌が含まれているタイプや、オリゴ糖が配合されているタイプもあり、便秘改善効果のパワーアップも期待できますよ!

↓青汁と便秘の関係についてくわしくはこちらで。
便秘予防と改善に青汁がおすすめな理由とは?

がんや生活習慣病の予防

がんや生活習慣病の予防

がんや病気原因の一つに「活性酸素」という物質があります。
活性酸素は、喫煙、食生活、不規則な生活、ストレスなどにより、体を錆びつかせ、老化を促進させる原因となります。
青汁にはこの活性酸素の働きを抑制する「抗酸化作用のある成分」が多く含まれています。
特に、青汁の原料となるケール、大麦若葉、明日葉には、緑黄色野菜に含まれるβカロテン・ビタミンCが豊富に含まれており、これらには強い抗酸化作用があります。
この抗酸化成分により、命に関わる重大な病気である、心筋梗塞、糖尿病、がん、脳卒中などの生活習慣病への予防ができます。
また、青汁の原料の中でも、特に「明日葉(アシタバ)」にはカリウムが多く含まれています。
明日葉には、ビタミンK・カリウムの他、「カルコン」という独自のポリフェノールがあり、血栓の予防、がんの予防、ダイエット効果、体内のセルライト(老廃物)除去などのデトックス効果に注目されています。
また、カルコンは、細胞にブドウ糖を取り込む手伝いをする、インスリンと似た働きをすると言われ、高血圧や血糖値が気になる方にもおすすめの成分です。
青汁の原料には、以下のような特別な「抗酸化成分」が含まれているところも注目されています。

青汁原料に含まれる抗酸化成分


★SOD酵素(特に大麦若葉に豊富)

SOD酵素は、がんを始め病気や老化の原因ともなる「活性酸素」の働きを抑える働きをし、体のサビつきを抑えたり生活習慣病の予防をする成分です。

★カルコン(明日葉)

カルコンは、明日葉の根や茎を切ると染み出してくる、ポリフェノールの一種で黄色い粘り気のある液体です。
カルコンは、強い抗菌作用や免疫力を高める効果があるため、がんの抑制や血栓の予防、ダイエット効果などの効果があります。
また、カルコンの成分である「キサントアンゲロール」、「4-ヒドロキシデリシン」の作用によりガンを抑制します。

★イソチオシアナート(ケール)

ケールやキャベツなどアブラナ科の野菜に含まれるポリフェノールの一種です。
研究機関の実験において、発がん物質の活性化を抑制したり、がんになる前の異常細胞の増殖を抑える働きや、がん細胞を抑制する抗がん作用があると言われています。

★葉緑素(大麦若葉、ケール、明日葉)

葉緑素はクロロフィルと呼ばれ、植物中に含まれる緑色の色素です。
緑が濃い植物ほど多く含まれており、特に青汁の原料となる大麦若葉、ケール、明日葉には豊富に含まれています。
葉緑素には細胞組織への成長促進作用があり、コレステロール値を低下させたり、発ガン性物質を抑える働きがあります。

こうして見ても、青汁には老化の促進や生活習慣病を予防・対策できる成分がたっぷりと含まれているんですね。
↓青汁とガンについて、詳しくはこちらで。
ガン予防にも青汁を活用

風邪や病気への免疫力アップ

免疫力

そもそも免疫力とは?

「免疫力」とは、私たちの体に侵入する病気の原因となるウィルスや細菌に抵抗する力のことです。
これは風邪だけではなく、体内で発生するガン細胞を退治するのにも、免疫力は欠かせないものです。
私たちの体は細胞によって作られていますが、この免疫力も「免疫細胞」という細胞によって作られています。
免疫細胞にはいくつかの種類があり、それぞれの役割を果たすことで、体全体の免疫力を高めているのです。

免疫細胞は腸に存在している

私たちの体を病原体から守る免疫細胞の6割~7割は、腸の中に存在します。
腸は食べた物を吸収する臓器ですが、一緒に運ばれるウィルスや細菌などを侵入させない免疫臓器としての役割もあります。
免疫細胞の多くは腸に存在しており、腸の免疫力を高めることで、体全体の免疫力をアップさせることにも繋がるのです。
中でも食生活の改善は腸内の免疫細胞を活性化させるために重要です。
特に緑黄色野菜に含まれる栄養素は、免疫力アップに効果を発揮します。

青汁の原料にはビタミン・ミネラルといった緑黄色野菜に含まれる栄養が豊富に含まれています。
特に、免疫力を高める栄養素であるβカロテン(ビタミンA)が豊富で、ビタミンB群、ビタミンC、亜鉛、セレンなどのミネラルも含まれています。
また、青汁によってはフコイダンや乳酸菌・ビフィズス菌・β-グルカンが配合されているものもあり、腸内の健康維持にも役立ちます。

健康的なダイエット効果

健康的なダイエット効果

「青汁ダイエット」と呼ばれるほど、青汁はその成分が注目されています。
特にダイエットの味方として注目されている成分は、桑葉に含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分です。
DNJは、糖質の吸収を抑え、血糖値の上昇を防いだり、大腸の働きを助ける働きをします。
DNJを食事前に摂り入れておくことで、糖質の吸収を阻止してくれるため、つらい食事制限をすることなく、ダイエット効果を得る事ができるのです。
飲み忘れが多い方は、スティックタイプの粉末青汁を携帯しておくと飲み忘れがなく便利ですね。

また、明日葉に含まれる「カルコン」は、細胞にブドウ糖を取り込む手伝いをする、インスリンと似た働きをすると言われています。
また、セルライトの原因となっている老廃物や不純物を解消してくれる成分として注目されています。
ぽっこりお腹も解消できるので、腰回りダイエットにもおすすめです。

↓こちらでダイエットにおすすめの青汁について、詳しくはこちらで。
人気のダイエット青汁ランキング!

アレルギー症状を抑える効果

アレルギー症状

花粉症やアトピーにも青汁

青汁に多く含まれるビタミンCは、花粉症などの原因となるヒスタミンを軽減してくれる効果も注目され、花粉症やアレルギー反応にも効果があるとして注目されています。
また、ケールの青汁で有名なファンケルの研究発表によると、アトピーの人がケールの青汁を継続して摂ることにより、アトピーでない人の体質に近付き体質改善ができたという結果もあります。

特に、ケールの青汁は「花粉症対策」にも良いと言われ、注目されています。
これは、長年ケールの研究をしている「ファンケル」の研究のデータによると、ケールに含まれるポリフェノールの一種「フラボノール配糖体」が、花粉症などのアレルギーに有効な物質であると特定されています。
さらに「ケール」に含まれる「糖脂質」も花粉症を緩和させてくれる効果もあります。

↓こちらに青汁とアレルギーとの関係について詳しく書いています。
青汁で気になる症状を改善

美肌効果

美肌効果

体の内側から美肌を作るためには、バランスの良い食事で、タンパク質や各種ビタミンを補給することが大切です。
ビタミンには水に溶けやすい水溶性ビタミンと油に溶けやすい脂溶性ビタミンがあり、どちらもお肌にとって欠かせない役割があります。
中でもビタミンエースと呼ばれる、ビタミンA・C・Eは、一緒に摂ることで相乗効果があり、栄養の吸収率がアップするお肌に有効な栄養素です。
これらの栄養素は栄養価の高い原料を使う「青汁」に豊富に含まれているんですね。

↓青汁と美肌の関係についてこちらで詳しく書いています。
美容成分豊富!美肌効果のある青汁はコレ!


トクホ(特定保健用食品)の青汁ってどうなの?

特定保健用食品(トクホ)の青汁

最近では、「トクホ(特定保健用食品)」の青汁も見掛けるようになりましたね。
トクホとは、特定の保健の目的が期待できる「保健機能成分」を含む食品です。
トクホの商品は「便秘改善効果」や「コレステロール値を下げる」など国によって効果の表示が許可されています。
しかしながら、トクホ食品は、記載されている特定の効果については期待できますが、野菜の栄養価についていえばそれほど多くないものも多いです。
「便秘解消」を表示するトクホの青汁を見てみると、原材料名の含有量のトップは「難消化性デキストリン」という水溶性食物繊維がトップで、ケールや大麦若葉などの含有量はそれ以下になっていることが多いのです。
このようなことからも、トクホの青汁は、便秘改善など特定の効果を期待する方には良いのですが、沢山の栄養を摂取したい方は、スティック1包で多くの野菜成分が補える栄養価の高い青汁がおすすめです。


おわりに


これら以外にも多くの効果や効能が期待されている青汁ですが、青汁は飲んだからといって即効効果があるものではありません。
青汁は、症状が気になった時に飲むというのではなく、気になる症状に合わせて納得できる青汁を選び、毎日続けることが大切です。

また青汁だけ飲んでいれば、健康でいられるかと言えばそうではありません。
栄養バランスのとれた食事や、運動、規則正しい生活などが大切なのです。
青汁は健康習慣をサポートする食品として活用していきたいですね。



ずぼら青汁 総合青汁ランキング 人気の青汁と選び方はこちら


先月度の人気の青汁BEST3


青汁に合うレシピ

カテゴリ内の新着記事

前の記事:マイケア 薩摩刀豆なた豆茶のレビュー

マイケア 薩摩刀豆なた豆茶のレビュー記事です

次の記事:葉酸量の多い青汁は?妊婦さんや動脈硬化予防をサポート

葉酸量の多い青汁は?妊婦さんや動脈硬化予防をサポートの特集記事です

ずぼら母さん
イチ押しの青汁
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉の葉・根・茎まで使用。「カルコン」が体をデトックス!

すぼら母さん
おすすめ青汁BEST10
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉使用。飲みやすさと栄養分ともに抜群!毎月、圧倒的な人気を誇る青汁です。

美感青汁のサンプル
美感青汁

女性から人気のジェル型青汁。そのまま食べられて持ち運びにも便利

神仙桑抹茶サンプル
神仙桑抹茶ゴールド

桑葉を使った無添加青汁。お茶職人が作った抜群の飲みやすさ!

運営者プロフィール
ずぼら母さん画像
名前 ずぼら母さん
性別 女性
出身地 三重県鈴鹿市
自己紹介 はじめまして、青汁が好きで好きでたまらないアラフォー主婦のずぼら母さんです。現在の目標は全ての青汁を制覇すること(笑)
Copyright © 2014 ずぼら青汁 - 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ . All rights reserved