目指せ青汁全制覇!ずぼら青汁ブログ

妊娠中の食生活と青汁の選び方についての特集記事です。 皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

妊娠中の栄養補給に 安心のおすすめ青汁はコレ!

妊娠中

妊娠中一番気を使うものが「食事」ではないでしょうか。
妊娠中は、妊婦本人の使用エネルギーに加え、お腹で成長する赤ちゃんにもエネルギーが必要なため、通常より多めのエネルギーを摂る必要があります。
とはいえ、つわりで食欲のない時期などは無理をして食べる必要はありません。
食事はなるべくバランス良く、妊娠の時期に応じた食べ方をするように心がけることが大切です。

ところで、このように悩みの多い妊娠中の食生活のサポートとして「青汁」が注目されているのはご存じですか?
今回は、ノンカフェインや無農薬など安全性にこだわりがあり、妊娠中でも安心して飲むことのできる青汁をご紹介します。

ノンカフェイン・葉酸強化など妊娠中の青汁はコレ!

妊娠中でも安心して飲むことができる、安全でノンカフェイン、妊婦さんの必要な栄養素を特に強化してくれる青汁をご紹介します。

高橋ミカ 美力青汁「healthy」

妊娠中に必要な葉酸や鉄分、カルシウムマグネシウムの強化!
気になるカフェインや安全性も考慮されている「妊婦さんのための青汁」です。

高橋ミカ 美力青汁「healthy」

原材料名

難消化性デキストリン、大麦若葉粉末、オリゴ糖、抹茶粉末、ドロマイト、ヘム鉄、葉酸

ポイント

・コップ1杯に「葉酸」を100μgも配合
・「栄養機能食品(葉酸)」にも認定
・食物繊維がたった1杯でレタス約0.6個分
・オリゴ糖・鉄分・カルシウム、鉄分、マグネシウムなど妊娠中不足しがちな栄養素を1杯でサポート。
・カフェインは1杯あたり0.0003g。市販緑茶のわずか1/65程度。
・国産、保存料無添加、農薬不使用、防腐剤無添加の安全性

高橋ミカプロデュースの妊婦さんのための青汁です。
妊婦さんに必要な葉酸や食物繊維、ミネラルなどがたっぷりと含まれ、国産大麦若葉を使うなど安全性にも配慮されています。
また、妊婦さんに向けてカフェインも緑茶の1/65とかなり控えめにされているところも嬉しいですね。
メイン野菜である「大麦若葉」の栽培方法も徹底されており、九州産の大麦若葉100%で、害虫の少ない冬に栽培することにより、無農薬栽培も安心感があります。
また、262項目にも及ぶ、残留農薬検査や放射能測定も行い、安全への心掛けや品質管理においても、安心して続けられる青汁です。
(※放射能測定では暫定規制値を超えるヨウ素・放射性セシウムは「検出せず」。残留農薬検査262項目で「不検出」)

美力青汁「healthy」一箱での栄養成分です。
高橋ミカ 美力青汁「healthy」一箱で

葉酸・・・ほうれん草の約132個分
食物繊維・・・レタスの約36倍
鉄分・・・プルーンの約28個分

鉄分や葉酸に加え、食物繊維もサポートされているので、毎日の便秘対策にも嬉しい青汁ですよ!
実際試したレビューはこちらから。
公式サイトはこちらから。

初摘み若葉青汁

ノンカフェインの青汁。特にカルシウムと葉酸を強化したい時はコレ!
無農薬の国産素材にこだわっているところも妊婦さんには嬉しいポイントです。

初摘み若葉青汁

原材料名

大麦若葉末、海藻粉末、難消化性デキストリン、ガラクトマンナン分解物、クロレラ

ポイント

・主原料の大麦若葉は鹿児島県産・無農薬の初若葉のみを使用
・ごま若葉で葉酸とポリフェノールを強化
・GRAS認定の海藻由来の天然ミネラルで、妊婦さんに不足しがちなカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンを強化
・モンドセレクション金賞受賞。思わず「美味しい!」と言ってしまうほどの飲みやすさ
・1袋2,000円で手軽に購入できる

「初摘み若葉青汁」は、大麦若葉を主原料とした青汁です。
特徴的なのは、ポリフェノールたっぷりのごま若葉と牛乳よりも吸収率の高い海藻カルシウムを使い、野菜成分に加え葉酸やカルシウムが強化されています。
初摘み若葉青汁1包で、トマト1個分もの食物繊維、ピーマン1.5個分もの葉酸、牛乳1.5本分ものカルシウムを摂ることができるのは嬉しいですね。
また、抹茶成分が含まれていないため、カフェインレスで飲むことができるところもポイントです。
主原料の大麦若葉は、鹿児島県産の農薬不使用の初若葉のみを使用しているところも安心感がありますね。
また、その飲みやすさも青汁の中ではトップクラス!思わず「美味しい!」と言ってしまうほどの抹茶の味わいです。
一袋2,000円で購入できるのも、お試し感覚で飲むことができて、嬉しいですね!
実際試したレビューはこちらから。
公式サイトはこちらから。

サンスター健康道場 おいしい青汁

妊娠初期のツライつわりの時期の栄養補給に効果的です。
ノンカフェイン、缶タイプなので、いつでもどこでも栄養補給が可能です。保存料・香料・食塩・砂糖無添加なのも妊娠中は嬉しいですね!

サンスター健康道場おいしい青汁

原材料名

ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモン、クチナシ色素

ポイント

・ノンカフェイン。9種類の緑野菜を使用。
・リンゴとレモンを配合され、ピューレ状でグリーンスムージーのような飲みやすさ
・缶タイプなのでいつでもどこでも飲むことができる
・1本で青野菜の栄養素約90gをサポート。つわり時の栄養補給にも。
・保存料・香料・食塩・砂糖無添加
・お試し10本セットで手軽に試すことができる

ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、といった9種類の栄養価の高い青野菜にリンゴとレモン2種類の果物を配合した、ピューレ状、カフェインレス青汁です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維など不足しがちな栄養素がバランスよく含まれていて、すりおろしたての野菜ピューレのとろみやフレッシュ感があります。
1本で青野菜の栄養素約90gを補うことがでるところもポイントです。
缶タイプなのでつわりで何もできない時など、飲みたい時にすぐ栄養補給できるのもいいですね。
野菜の味わいをそのまま活かし、加熱をおさえて加工したフレッシュピューレ製法で作られています。
今ならサンスター公式サイトからお試し10本セットで手軽に試すことができるのでおすすめです!
実際試したレビューはこちらから。
公式サイトはこちらから。


妊娠中の食生活の注意点


妊娠中は青汁を飲んでも大丈夫?

妊産婦のための食事バランスガイド

「妊産婦のための食事バランスガイド」
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3b02.pdf

自然原料で体に良い青汁ですが、妊娠中は飲んでも良いのか、赤ちゃんへの影響が出ないか、と心配される妊婦さんも少なくないようです。
結論から言えば、青汁は健康食品ですから妊娠中や授乳中も飲むことができます。
ただし、「妊娠中はお控えください」など、青汁の種類によっては注意書きのあるタイプもあるので飲む前には、 しっかりとパッケージや公式サイトで確認をするようにしましょう。
また、特に心配がある場合は、掛り付けの医師に相談してくださいね。

厚生労働省の「妊産婦のための食事バランスガイド」に記載があるように、妊娠中は特にビタミン・ミネラルが不足しがちになる時期で、中でも妊娠初期には「葉酸」を充分に摂ることが大切です。

妊娠中、葉酸の重要性

葉酸とは水溶性ビタミンB群の一種で、妊娠初期に1日400μg程度を摂取することにより、胎児の神経管閉鎖障害の発症の危険性を1/3に低減するのに効果的な栄養素です。
また、葉酸摂取の他に分娩時必要な血液を作るための鉄分、胎児の骨や歯を作るカルシウム、妊娠中はお腹が大きくなるため腸が圧迫されやすく便秘になりやすいため食物繊維をしっかりと摂ることも大切です。

このように妊娠中に不足しがちになる栄養素を青汁はサポートしてくれる健康食品が青汁なのです。
最近では、妊娠中不足しがちな栄養素を配合した「妊婦用の青汁」もあり、人気を集めています。

↓葉酸についてはこちらの記事に詳しく載せています。
葉酸量の多い青汁は?妊婦さんや動脈硬化予防をサポート

妊娠中に必要なカロリーは?

妊娠中のカロリー

まず、妊娠中の女性は通常のう女性と比べてどのくらいカロリーが必要なのでしょうか?
妊娠前の必要な摂取カロリーは、その人の体格や年齢、毎日のエネルギーの消費量によっても違いますが、平均的には1800~2200calと言われています。
妊婦さんは、妊娠時期に応じてこのカロリーに必要分を追加して食べるのが望ましいとされています。
妊娠初期:+50kcal
妊娠中期:+250kcal
妊娠後期:+500kcal

※50kcalとはバナナ約1/2本分、約リンゴ1/2分程度が目安です。
このように出産が近付くにつれ、カロリーが必要になるんですね。

妊娠中はどんな栄養素が必要?

妊娠中の食生活

では、妊娠中はどのような食事を摂れば良いのでしょうか?
妊娠中の食生活は「バランス良く」が基本です。
以下の4大栄養素をできるだけまんべんなく摂り、一日30品目を目標にしてみましょう。

炭水化物

エネルギーの元となる栄養素です。
主にご飯・パン・麺類・イモ類・その他穀物類に含まれます。

たんぱく質

筋肉や血液を作る栄養素です。
主に肉類、魚類、卵、豆類に含まれます。

ミネラル類

カルシウム、鉄、ナトリウムなど、体の骨や歯を作る栄養素です。
赤ちゃんの骨を作るのにも必要な成分で、妊婦には不足しがちな栄養素です。
主に小魚、海藻、レバー、乳製品などに含まれます。

ビタミン類

13種類あり、体の調子を整える栄養素です。
つわりや流産の予防にもなります。
主に野菜類、果物類などに含まれます。

具体的な栄養成分バランスのとり方は、厚生労働省の「妊産婦のための食事バランスガイド」を参考にして下さいね。

青汁でビタミンAの過剰摂取は大丈夫?

栄養成分

妊婦さんが、過剰摂取を気にされている栄養素の中に「ビタミンA」があります。
一日あたり3000μg以上が過剰摂取となり、妊娠中にビタミンAを過剰摂取すると、胎児が奇形になる可能性があると言われています。
ビタミンAは、緑黄色野菜にも多く含まれていて、青汁を飲まれる妊婦さんで心配される方もいるようです。

しかし、ビタミンAは「脂溶性(レチノール)」と「水溶性(ベータカロテン)」の2種類があり、注意しなくてはいけないのは、うなぎやレバーなど動物性食品に含まれる「レチノール」です。
レチノールのは脂溶性ビタミンといって、水にとけにくく、体内に蓄積しやすいため、過剰症のリスクがあります。

一方緑黄色野菜に含まれるベータカロテンは、植物性食品に含まれていて体内に入ると必要な分だけビタミンAに変換されます。
ベータカロテンは、水溶性ビタミンのため、過剰な分は体外に排出され、過剰摂取のための摂取制限は必要ありません。
青汁にもベータカロテンは多く含まれていますが、植物性の食品から摂る水溶性ビタミンのため過剰摂取になることはありません。


妊娠中の便秘にも青汁が活躍


妊婦さんの便秘解消には青汁がおすすめ

妊婦さんの便秘解消には特におすすめ

妊娠中の体の悩みの中でも「便秘」は、特に多くの妊婦さんが悩む症状ですね。
妊娠中は黄体ホルモンが多く分泌されるため、便を送り出す腸のぜん動運動が弱くなることや、胎児が大きくなると子宮が腸を圧迫するため、便が腸に溜まりやすくなり便秘となってしまうようです。

妊婦さんは、便秘がひどくなると病院から便秘薬を処方される事もありますが、できれば自然に便秘解消できるのが理想ですね。
そのためには、野菜や果物、穀物などからしっかりと「食物繊維」を摂ることが大切です。

ところで、みなさんは、1日にどのくらいの食物繊維が必要かご存じでしょうか?
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によれば、成人女性1日の食物繊維の摂取量の目標値は、18g以上が基準となっています。
これは、100g中の食物繊維が1.8gのキャベツに換算すると、1日でおよそキャベツ1玉分の食物繊維が必要になるということです。

しかし、これほど多くの食物繊維を毎日摂るのは大変ですよね。
忙しい現代では、このような野菜不足や食物繊維不足を補うために、青汁を使った、ビタミンやミネラル、食物繊維の栄養サポートが注目されているのです。
更に、青汁が注目されている理由は、便秘解消に必要な食物繊維を始め、貧血に必要な鉄分、むくみに必要なカリウム、虫歯に必要なカルシウムといった妊娠中の悩みに必要な成分がしっかりと含まれているからです。


妊娠中の青汁を選びのチェックポイントと注意点は?

妊娠中の青汁を選びのチェックポイントと注意点は?

妊婦中の栄養補給に注目されている青汁ですが、原料は様々ですし、安価なものから高額なものまでありますよね。
妊娠中に飲む青汁を選ぶ時、特に気を付ける点は「安全性」です。
ここでは、妊婦さんが、青汁を購入する時の選び方のチェックポイントと注意点を挙げてみました。

産地や栽培方法が明記されているかをチェック

大麦若葉

原料の産地が明記され、有機栽培や無農薬栽培等、安全性へのこだわりをもって栽培されている青汁かどうかチェックしましょう。

青汁によっては原料についてはその成分などを大きく謳ってあるのに、産地については全く記載されていないものもあります。
原料にこだわりがあるからこそ、どこで作られて、どのように育てられているのかをキチンと明記されているのは重要なポイントになります。
どんなに安くて良い成分を含んだ青汁であっても、産地についての説明のないものはやはり不安ですね。

有機「JASマーク」をご存知ですか?

JASマーク

青汁のパッケージには、「有機JASマーク」のついているものもしばしば見掛けるようになりましたね。
この「有機JASマーク」は、農林水産省の規格に基づき有機農産物や有機加工食品が生産製造されていることを証明するマークです。
ですから、どの食品にも使って良いのではなく、国の定めた厳しい条件をクリアした食品として「有機」や「オーガニック」の表示ができるのです。
安心・安全を第一に青汁を選ぶ場合は、JASマークを確認するのもお勧めです。

↓安全性の確認については、こちらの記事をご覧下さい。
無農薬は本当に安全?安心な青汁を選ぶには?

添加物の有無をチェック

添加物

健康食品の青汁ですが、香料・甘味料などの添加物が含まれている場合もあります。
妊婦さんは胎児へのリスクも考慮して、できるだけ無添加の青汁をおすすめします。
青汁選びの際は、パッケージの原材料名で食品添加物のチェックもするようにしましょう。

青汁のカフェインをチェック

妊娠中のカフェイン

妊娠中、気になるのが「カフェイン」ですね。
妊婦さんのカフェイン摂取が良くないとされる理由は諸説あるようですが、カフェインを摂り過ぎている妊婦さんは、全く摂らない妊婦さんに比べて流産・早産や死産のリスクが高くなるというデータがあるからです。
しかし、この「カフェインの摂り過ぎ」というデータは、コーヒーを一日8杯以上も飲んでる妊婦さんなので、たしなむ程度にコーヒーを飲まれている方にはそんなに影響はないと言えるでしょう。

とはいえ、妊婦さんが摂ったカフェインは、胎盤を通じて赤ちゃんにも同じ濃度で届けられ、赤ちゃんもママと同じだけのカフェインを摂っていることになるのです。
また、胎児は代謝能力も低いため、摂り込んだカフェインを排出するまでの時間が大人に比べて長くかかります。
そのため、赤ちゃんは体内にカフェインを長時間蓄積していることになり、赤ちゃんの体にに負担をかけてしまうことも理由の一つです。
また、妊娠期に必要な鉄分のカフェインによって6~8割も奪われてしまうのも理由の一つ。
出産にはかなりの血液が必要となるため、鉄分はとても大切なのです。

青汁の原料として良く使われるケール、大麦若葉、明日葉などは、ほぼノンカフェイン(含まれていてもごく微量)ですが、飲みやすくするために「抹茶」や「緑茶」といったカフェインを含む原料が配合されている場合もあります。
しかし、抹茶や緑茶が配合されている青汁でも、カフェインの含有量は、(商品によって異なりますが)1包10mg(それ以下)程度が一般的です。
コーヒー1杯分のカフェインは65~100mg程度と言われていますので、これと比較しても青汁のカフェイン量はかなり少ない量といえますね。
ただし、カフェインの量は青汁によって違いますので、出来れば妊娠中も安心して飲むことができるノンカフェインの青汁がおすすめです。

妊婦さん
ところで妊婦さんは、カフェインの入っているものを全く飲んではいけないかと言えばそうではなく、1日300mgまでなら、飲んでも影響はないと言われています。
ですから1包10mg(それ以下)程度青汁では、それほど気にする必要もないと言えそうです。

また、全くカフェインを摂ることができずに逆にストレスを感じてしまうのでは、体調にも良くありませんよね。
どんな食べ物や飲み物も「適量」が基本です。

★カップ一杯(140ml)のカフェイン量
● コーヒー 56mg
● 玉露 224mg
● 煎茶 28mg
● 紅茶 70mg

※参考「四訂日本食品標準成分表」

信頼できる青汁企業かをチェック

信頼できる企業

青汁の販売実績が長く、商品の情報が載った公式サイトや公式通販サイトを持っている企業かどうかチェックしましょう。

青汁と言えば、誰もが一度は耳にする青汁の老舗大手のメーカーであれば、長年に渡り青汁を販売・研究しているので失敗のない青汁選びができます。
また実績のある会社だからこそ、原材料へのこだわりや青汁の情報量の多さやその開示、きめ細やかな製造工程も安心感があります。
また、大手メーカーならではの通販へ安心感や特典も嬉しいポイントですね。

各社の放射能の検査は?

栽培方法の他にも福島の原発事故で国産の青汁原料についての心配をされている方も少なくないのではないでしょうか?
レビューを書く際に私の調べたところ、大手各社では第三者などで安全性のチェックを行っているそうです。調べた青汁会社では以下の通りでした。

★ふるさと青汁
主原料の産地:八丈島・熊本・島根
放射能の検査:行っている。現在のところ「未検出」。

★レモンの青汁
主原料の産地:大分県
放射能の検査:行っている。現在のところ「未検出」。

★ファンケル本搾り青汁
主原料の産地:愛媛県・鹿児島県・長野県
放射能の検査:定期的な検査を行っている。現在のところ「未検出」。

★サントリー極の青汁
主原料の産地:熊本県阿蘇
放射能の検査:定期的な検査を行っている。現在のところ「未検出」。


こういったところもさすが大手ならではの安心感ですね。
また公式サイトやパッケージで確認をしたり評判や口コミもあればチェックしましょう。

サプリメントでの栄養摂取はどうなの?

サプリ

食欲不振になった妊婦さんは、栄養補助食品としてサプリメントで必要な栄養素を補給されている方も多いですね。

しかし、サプリメントは手軽で飲みやすい半面、過剰摂取も気になるところです。
薬との飲み合わせもありますので、薬を処方されている方は医師に確認をするようにしましょう。

また、青汁では、ビタミン・ミネラル・食物繊維・カルシウムといった成分が複合的に補えるのに対し、サプリメントでは、ビタミンA・カルシウム・鉄というように不足している成分を単体で補うものとなりますので、いくつかを飲み合わせる必要となります。

このように、バランス良く必要な栄養成分を補えるところからも、妊婦さんの間では青汁の需要が高くなっているようです。


おわりに


以上、青汁を選ぶ時のチェックポイントと注意点です。
妊娠中の青汁選びは、安全なものかどうかをしっかりとチェックすることが大切です。

青汁は、人工的な成分で作られたサプリメントとは違い、自然の野菜を原料として、産地や栽培方法、製造工程、添加物の有無など、安全性を細かくチェックできるところも妊婦さんが安心感を持てるところです。
また、ビタミンやミネラルをサポートしてくれるので、健康だけでなく、美容にも役立つところが嬉しいですね。

情報をチェックするのは手間がかかりますが、ママだけでなく赤ちゃんにも届く成分だからこそ、安全性には気を使いたいものですね。



ずぼら青汁おすすめの安心できる 総合青汁ランキングはこちら


先月度の人気の青汁BEST3


青汁に合うレシピ

カテゴリ内の新着記事

前の記事:P&DELI プルーンと5つの果実の芳醇しぼりのレビュー

P&DELI プルーンと5つの果実の芳醇しぼりのレビュー

次の記事:ガン予防に活用したい 野菜成分が多いおすすめの青汁は?

青汁はガン予防に活用できる?の特集記事です

ずぼら母さん
イチ押しの青汁
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉の葉・根・茎まで使用。「カルコン」が体をデトックス!

すぼら母さん
おすすめ青汁BEST10
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉使用。飲みやすさと栄養分ともに抜群!毎月、圧倒的な人気を誇る青汁です。

美感青汁のサンプル
美感青汁

女性から人気のジェル型青汁。そのまま食べられて持ち運びにも便利

神仙桑抹茶サンプル
神仙桑抹茶ゴールド

桑葉を使った無添加青汁。お茶職人が作った抜群の飲みやすさ!

運営者プロフィール
ずぼら母さん画像
名前 ずぼら母さん
性別 女性
出身地 三重県鈴鹿市
自己紹介 はじめまして、青汁が好きで好きでたまらないアラフォー主婦のずぼら母さんです。現在の目標は全ての青汁を制覇すること(笑)
Copyright © 2014 ずぼら青汁 - 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ . All rights reserved