目指せ青汁全制覇!ずぼら青汁ブログ

無農薬は本当に安全?安心できる青汁を選ぶには?についての特集記事です。 皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

無農薬・化学肥料不使用で比較 安心な青汁の選び方

無農薬野菜

妊婦さんや小さなお子さんがいる家庭では、どんな食品でもまず「安全性」を気にされるのではないでしょうか?
特に青汁は、健康食品として人気がありますが、毎日続けるものだからこそ、安心して飲むことができるものを選びたいですよね。

最近、青汁の選び方にもちょっとした変化が出ています。
これまでは、「まずい」青汁を抹茶風味などにしてどれだけ「美味しく」飲むことができるかということに注目されてきましたが、最近では味だけではなく、その「安全性」にも高く関心が持たれています。

ところで、みなさんは青汁選びの際、「安全性」はどこで判断されていますか?

・無農薬栽培
・化学肥料不使用
・有機栽培
・オーガニック
・国内産


など様々な表示を青汁のパッケージで見掛けますよね。
どれも安心感のある表示ですが、これらの違いはご存じですか?
今回は、安全な青汁の選び方と安心感のある農薬不使用の青汁を特集します!

無農薬栽培と有機栽培の違いは?

無農薬栽培

安心感のある青汁を選ぶ時、無農薬栽培、有機栽培、どちらも農薬を栽培方法なのですが、この栽培方法の違いはご存知ですか?

無農薬栽培とは?

無農薬栽培とは

無農薬栽培とは、その名の通り、農薬を使わずに栽培しているという意味です。
ただし、農薬を使っていないのは、作物を栽培している期間中のみということなので、栽培期間以前に農薬を使っていたとしても「無農薬」の作物となってしまうことがあります。
実は現在、この「無農薬」という表示は、農林水産省の特別栽培農産物に係る表示ガイドラインによって禁止されています。
「無農薬栽培」や「減農薬栽培」など、定義がわかりにくくあいまいになってしまうことから、「特別栽培農産物」として統一されました。
しかし、罰則がないため今でも「無農薬」の表示使っている作物が多いのが現状です。

有機栽培とは?

有機栽培とは

有機栽培とは農薬や化学肥料を使わずに作物を栽培することです。
無農薬と違う点は、無農薬は「作物の栽培期間中」でしたが、有機栽培の場合、2年もしくは3年以上化学肥料や農薬を使わない土壌で農作物を栽培することです。(有機肥料は使えます)

農林水産省では以下の取り決めがされています。

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。
この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

つまり、有機栽培された農作物や農作物の加工品には「有機JAS」マークが必ず付いていて、それ以外は「有機野菜」や「有機農法」、「オーガニック商品」といった表示をしてはいけないということなんですね。

青汁のパッケージにも、「有機JASマーク」のついているもを見掛けるようになりましたね。
このマークは農林水産省の規格に基づき有機農産物や有機加工食品が生産製造されていることを証明しています。
次で詳しくご紹介します。

国産・無農薬、安心安全のおすすめ青汁はコレ!


ふるさと青汁

ふるさと青汁

原材料

あしたば葉・茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末

ポイント

・国産の明日葉の葉だけでなく茎・根まで使用。
・無農薬・化学肥料不溶の安心感。
・明日葉の特有成分カルコンやクマリンも含有。
・食物繊維が豊富な桑葉や大麦若葉も配合。
・初回購入で2週間分のプレゼントあり。

ふるさと青汁は八丈島産の明日葉を主原料に、桑葉、大麦若葉が配合した青汁商品です。
ふるさと青汁の明日葉は、葉だけではなく茎・根を使用しているところも特徴です。
また、農薬や化学肥料不使用なのも安心感がありますね!
明日葉の特徴は特有成分の「カルコン」です。
カルコンは、ポリフェノールの一種で、抗酸化作用を持つため、がん予防や、血糖値を下げる効果、老廃物や不純物を解消してくれるデトックスの働きがあるとしても注目されています。
更に、明日葉は「クマリン」という強い殺菌・抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。
明日葉に含まれるカリウムはナトリウムを体外に排出する働きや利尿効果がありますので、高血圧やむくみの予防にも。
また、「難消化性デキストリン」は、水溶性食物繊維の一種で、便秘対策やダイエットにもおすすめです。
明日葉の持つカリウム、カルコンのパワーに加え、桑の食物繊維、大麦若葉の栄養素など、一度に摂ることができるのが嬉しいですね。
安全で栄養価の高い人気の青汁です。
今なら初回2週間分のプレゼントの特典もついているのも嬉しいですね!

ふるさと青汁を試したレビューはこちら。
ふるさと青汁の公式サイトはこちらから。

「有機JASマーク」の基準は?

有機JASマーク


無農薬、化学肥料不使用、自然の恩恵を利用して栽培する方法です。
有機JASが表示される「有機」、「オーガニック」食品には、農産物が国が定める有機圃場(ゆうきほじょう)として認定される必要があります。

有機JAS農産物の条件

・堆肥等で土作りを行う。
・2年もしくは3年以上禁止された農薬や化学肥料を使用していない農場で栽培する。
・栽培中も禁止された農薬、化学肥料を使用しない。
・遺伝子組み換え技術を使用しない。

また、近隣にも農場がある場合は、農薬の飛来を避けるため緩衡(かんしょう)地帯を設けるといった対策も必要となる場合もあります。

有機JAS加工食品の条件

・原材料は、水と食塩を除き、95%以上有機食品を使う。
・化学合成された添加物や薬剤の使用は極力使わない。
・遺伝子組み換え技術を使用しない。

有機JAS認定を受けるためには、これだけの厳しい条件を満たしていないといけないのです。
しかし、その分安全性は保障されていて、消費者はJASマークを確認することで、安心して農作物や加工品を手にとることができるんですね。

また、海外では農作物の安心・安全のために「グローバルGAP(Good Agricultual Plactice)」という規格が設けられています。
グローバルGAPとは、ヨーロッパ諸国が中心となり、農産物の生産段階での安全性や環境管理や保全、労働安全の規格のことです。
日本で販売されている青汁にもグローバルGAPの認定を受けているものもあり、最近ではアジア圏でもグローバルGAPを取得する企業が増え、世界規模で農作物生産の安全化が注目されています。

もちろんこれらの認証がなくても、安全にこだわり手間暇かけて作られている作物もたくさんあります。
更に、それぞれの栽培法にもメリットやデメリットもあり、どれが一番とは言い切れないようです。
また、手間がかかる分コストもかかるため、一般的な商品金額より値段が高いものもあります。
ですからJASマークは、安全な商品を探す時の一つの目安として考えたいものですね。


安全な青汁を選ぶために原材料のチェックも!

安全な青汁

原材料のチェックをしましょう

原材料名

原料の栽培方法を確認したら、青汁の原料に何が使われているのか、青汁のパッケージで「原材料」を確認することも大切です。
主原料は何なのか、甘味料や香料などの添加物は使われているのか、などしっかりチェックしてみましょう。
商品パッケージに記載されている「原材料名」というのは、JAS法において表示の仕方が決まっています。

※JAS法とは、正式には「農林物資の規格化等に関する法律」といい、食料品や飲料、農産物、建材などの品質に関する適正な表示について定めている法律です。
農林水産省が管轄しており、製品を審査して基準を満たすことで「JASマーク」が付与されます。

原材料を確認する時のポイントは?

ポイント

・原材料名では、商品に含まれている重量の多い物から表示されています。
・添加物は、原材料とは区分されて表示されており、重量の多い物から表示されています。


主原料とは?

主原料

原材料をチェックしたら「主原料」の確認をしましょう。
主原料とは、原材料の中で重量が上位3品目に含まれており、なおかつ、食品中を占める重量が5%以上のものを指します。

ケールの青汁を飲んでいるつもりだったのに、実は大麦若葉の方が青汁に入っている比重が多かったり、主原料よりもブドウ糖などの甘味成分が前に表示されている青汁もあります。
またケールや大麦若葉などの原料の前に「デキストリン」や「難消化性デキストリン」が表示されている場合もあります。

「デキストリン」や「難消化性デキストリン」って?


「デキストリン」とは、簡単に言うと、とうもろこしやじゃがいものデンプンを分解したものです。
デキストリンは、主に糖質と食物繊維でできていて増量剤や腑型剤(ふけいざい)とも言われています。
主に粉末の調整やカサ増しをする目的として使われています。

「難消化性デキストリン」は、デキストリンを更に分解して食物繊維だけを残したものです。
読んで字のごとく「消化しにくいデキストリン」で水溶性食物繊維の一種です。
古くからある素材で、安全であることが認められており、便秘改善効果のある特定保健用食品(トクホ)の青汁で、食物繊維を補う原料として使われています。

このように同じ「デキストリン」でも、「デキストリン」と「難消化性デキストリン」は使用される目的が違っています。

もし、青汁を始めたいと思っている方は、これから自分が飲む青汁について、広告やパッケージだけではなく、しっかりと原材料名もチェックしてみましょう。

↓青汁の添加物についての記事もご参考にして下さい。
無添加、安心成分の青汁は?

産地にもこだわりましょう

産地

青汁によっては原料についてはその栄養成分や栄養価を大きく謳ってあるのに、原料産地については全く記載されていないものもあります。
原料にこだわりがあるからこそ、どこで作られて、どのように育てられているのかをキチンと明記されているのは重要なポイントになります。
どんなに安くて良い成分を含んだ青汁であっても、産地についての説明のないものはやはり不安ですね。

ここでは、人気のある老舗メーカーの青汁について、主原料素材、産地、主原料の農薬使用有無、残留農薬検査が行われているかについて調べてみました。

青汁名 原材料 産地 栽培方法 残留農薬検査
えがおの青汁満菜 えがおの青汁満菜 大麦若葉 熊本県 化学合成農薬不使用
化学肥料不使用
行っている
神仙桑抹茶ゴールド 神仙桑抹茶ゴールド 中国浙江省 農薬不使用
化学肥料不使用
行っている
やずやの養生青汁 やずやの養生青汁 六条大麦若葉 大分県 農薬不使用
化学肥料不使用
行っている
ファンケル本搾り青汁 ファンケル本搾り青汁 ケール 愛媛県
鹿児島県
長野県
ミネラル農法
化学農薬不使用
行っている
ふるさと青汁 ふるさと青汁 明日葉 八丈島 農薬不使用
化学肥料不使用
行っている


このように、人気の高い5大青汁では、産地がしっかりと明記されており、契約農家で栽培するなど、こだわりのある栽培方法で育てられています。

また、製造工程が公式サイトで公開されている青汁もあり、5大青汁の多くが会社独自の製法で、青汁成分を豊富に摂ることができる工夫もされています。

更に、商品化する前の品質管理も厳重で、残留農薬の検出機関などの厳しいチェック機関を設けている会社もあります。
この安心感が、子供からお年寄りまで続けて飲むことができる人気の秘訣かもしれませんね。


おわりに

これらのことを踏まえると、もちろん原料が「無農薬」であると安心感はありますが、より安全な青汁を選ぶためには、化学肥料の有無や、原材料、産地などのチェックも必要です。
健康維持のために毎日続ける青汁だからこそ、納得できて栄養たっぷりの青汁商品を選びたいものですね。



安全で安心できる 総合青汁ランキングはこちら

先月度の人気の青汁BEST3


青汁に合うレシピ

カテゴリ内の新着記事

前の記事:ボンビックス 匠の青汁 レビュー

ボンビックス 匠の青汁のレビュー記事です

次の記事:有機 高原の青汁 レビュー

有機 高原の青汁のレビュー記事です

ずぼら母さん
イチ押しの青汁
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉の葉・根・茎まで使用。「カルコン」が体をデトックス!

すぼら母さん
おすすめ青汁BEST10
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉使用。飲みやすさと栄養分ともに抜群!毎月、圧倒的な人気を誇る青汁です。

美感青汁のサンプル
美感青汁

女性から人気のジェル型青汁。そのまま食べられて持ち運びにも便利

神仙桑抹茶サンプル
神仙桑抹茶ゴールド

桑葉を使った無添加青汁。お茶職人が作った抜群の飲みやすさ!

運営者プロフィール
ずぼら母さん画像
名前 ずぼら母さん
性別 女性
出身地 三重県鈴鹿市
自己紹介 はじめまして、青汁が好きで好きでたまらないアラフォー主婦のずぼら母さんです。現在の目標は全ての青汁を制覇すること(笑)
Copyright © 2014 ずぼら青汁 - 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ . All rights reserved