目指せ青汁全制覇!ずぼら青汁ブログ

青汁の危険性は?発がん性物質やビタミン過剰症に注意の特集記事です 皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

青汁の危険性は?発がん性物質やビタミン過剰症に注意

健康にいい青汁の危険性と注意点とは?


最近では健康維持や野菜不足解消、ダイエットのため、 ビタミン・ミネラル類、食物繊維を多く含む青汁を飲まれている方も多いですね。
青汁は栄養価が高い・安全面も優れている、ということで、メリットだけが取り上げらることも多いですが、 実は過剰摂取することで体に悪いこともあります。
今回は、青汁のデメリットや危険性にスポットをあて、特集します!

青汁の危険性の目次です


青汁は発がん性の危険があるって本当?

青汁に発がん性の危険あるって本当?

青汁で「硝酸イオン」を摂取するのは危険?

野菜に含まれる「硝酸イオン(硝酸塩)」をご存じですか?
この「硝酸イオン」が体に悪いということで、青汁を不安に思われる方もみえるようです。
それは、硝酸イオンが、野菜の中でも緑葉野菜に多く含まれ、青汁の原料には緑葉野菜が多く使われているためです。
この「硝酸イオン」は果たしてどのような物質なのでしょうか。

そもそも硝酸イオンとは?

そもそも硝酸イオンとは?

硝酸イオンとは、窒素化合物であり、土壌など自然界のどこにでも存在しています。
化学式ではNO3-となり、N(窒素)とO(酸素)からできているんですね。
植物は、土壌や肥料から硝酸イオンやアンモニウムイオンを吸収し、光合成でできた炭水化物と一緒にアミノ酸やタンパク質へと合成します。
ですから硝酸イオンは植物の成長にとって、欠かせない物質なのです。

しかし、肥料を与え過ぎたり、光合成が正しく行えず炭水化物の量が少ないと、吸収された硝酸イオンなどはアミノ酸やタンパク質へと合成できなくなるため植物の中に蓄積してしまい、野菜のえぐみや苦味となります。

硝酸イオンは本当に危険なの?

「硝酸イオン」は人体に有害ではありませんが、人体には全く必要のないものです。
そして、硝酸イオンは、体内で還元され「亜硝酸塩」に変化することで危険な物質へと変わります。

「亜硝酸塩」は、血液中で酸素を運ぶヘモグロビンの働きを妨げ、「メトヘモグロビン血症」を引き起こす物質です。
また、硝酸イオンが体内でたんぱく質と結合することで発ガン性物質である「ニトロソ化合物」の生成に関係するとも一説では言われており、これらが「硝酸イオンが危険」と言われる原因ではないかと考えられます。

ただし、通常大人の場合は、胃の中の胃のpHが低く酸性のため、硝酸イオンを還元する菌が繁殖できず「亜硝酸塩」に変化することはまずありません。
更に言えば、食物由来の硝酸イオンのどのくらいの量が「亜硝酸塩」に転換するのかは、はっきりとしていないのも現状のようです。

赤ちゃんにメトヘモグロビン血症の危険も

メトヘモグロビン血症の危険

しかし、胃液分泌の少ない3か月未満の乳児は「硝酸イオン」が「亜硝酸塩」に変化し、「メトヘモグロビン血症」を引き起こす場合もあります。
アメリカでは、赤ちゃんがメトヘモグロビン血症で酸欠状態となり、体が真っ青(チアノーゼ)になる「ブルーベビー症候群」と呼ばれる症状になったという報告されています。
しかし、日本では、生後5~6か月から離乳食を開始するため、胃内で亜硝酸が生成される可能性は低いと考えられています。

どんな青汁を選べばいいの?

硝酸イオンは水洗いや調理などで減少することがわかっています。
これから飲む青汁の原料はどのように洗浄されているのか、製造工程などしっかり明記してある青汁を選びたいものですね。
また、青汁は体にいいからと、過剰摂取してしまうのは、返って体には良くありません。
決められた目安量を確認して飲むようにすることが青汁を健康的に活用するポイントなのです。

輸入青汁に発がんの危険性?

輸入青汁に発がんの危険性?

安価な青汁の原料は、海外から輸入されてる原料が使われていることも多いですね。
最近では、輸入した大麦若葉やケールといった青汁原料に「放射線照射」されていたことがニュースになりました。
放射線照射とは、食品に放射線を当てる事で、殺菌や害虫駆除、発芽防止をする方法です。(※日本では、食品衛生法において、ジャガイモの発芽目的以外は禁止されています。)
なぜ放射線照射が危険かといえば、放射線照射によって生じる物質が、大腸ガンへのリスクを高めると言われているからです。
煮出して飲むお茶とは違い、青汁は原料をそのまま粉末にしているため、その有害性も大きくなります。

もちろん、輸入原料を使っている青汁全てが「危険」というわけではありません。
しかし、こういったことは商品が発売されてしばらく経たないと判明しないことがほとんどです。
妊婦さんや子供さんなど、特に安全に気を付けたい人は、できれば産地や栽培方法が明記されている「国産青汁」を選ぶのが無難と言えそうです。
有機JASマーク
輸入原料を使っている青汁を安心して飲むためには、有機栽培のJASマークやグローバルGAPなどの第三者機関によって安全性が確認されているものが、安全面という点においてはとても有効です。

↓こちらの記事に有機栽培やグローバルGAPについて詳しく載せています。
無農薬は本当に安全?安心な青汁を選ぶには?

国内産の安心感と栄養成分、おすすめ青汁はコレ!


ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁

原材料

クロレラ、ケール、長命草、ステアリン酸カルシウム

ポイント

・栄養価の高いクロレラが配合された青汁
・粒タイプなので味を気にせず飲むことができる
・賦形剤を使っていないので身体への吸収率アップ

ステラの贅沢青汁はクロレラ、ケール、長命草全て国産原料を使った粒タイプの青汁です。
青汁はまずくて飲めないという方も、サプリメントのような粒状なので味を気にせず飲むことができるところも人気のポイントです。
ビタミン類・ミネラル類・食物繊維・葉緑素・アミノ酸を1日3粒~でサポートできてしまうところも嬉しいですね。
特に注目は青汁には珍しいクロレラの成分です。
福岡産のクロレラは、緑藻の一種で、「アルカリ性食品の王様」とも呼ばれ、ミネラル・ビタミン群・アミノ産などの天然成分40種類以上を含む万能の葉緑素です。
また、沖縄産長命草は、カロチン・ビタミンC・ビタミンEを多く含み、健康や美容に良く長命の源。
九州産ケールは、バランスの良い栄養素に加え鉄分の吸収を高めるビタミンCや赤血球を作る葉酸も豊富な野菜の王様です。
ステラの贅沢青汁は、成型や増量のための賦形剤を使用してないところもポイントです。 賦形剤を使わないため体内での吸収率も良く、効率的に栄養を摂ることができるんですね。
ステラの贅沢青汁を試したレビューはこちら。
ステラの贅沢青汁公式サイトはこちらから。


青汁の多量摂取の危険性と注意点をチェック

健康飲料である青汁は、多量に摂取してしまうと逆効果になる場合もあります。
青汁には商品ごとの摂取量の基準があるので、確認することも大切です。

↓こちらで詳しく書いていますのでご参考にして下さい。
青汁の飲み過ぎは体に悪い?副作用はあるの?

青汁が下痢を引き起こす

青汁が下痢を引き起こす

青汁は食物繊維が豊富で便秘解消効果も期待されていますが、一度に沢山飲んでもすぐに便秘が解消するわけではありません。
青汁を過剰摂取することにより冷たい水で身体を冷やしてしまったり、食物繊維が効きすぎて胃腸に負担をかけて下痢を引き起こしてしまうこともあります。
便秘がちな女性だけでなく、腸がデリケートなシニア世代の方や男性も注意が必要です。

ビタミン過剰症

青汁でビタミン過剰症

青汁の原料となる大麦若葉、ケール、明日葉などの野菜には、豊富なビタミンが含まれています。
ビタミンには、水に溶けやすい「水溶性ビタミン」と、油に溶けやすい「脂溶性ビタミン」があり、水溶性ビタミンは、多く摂り過ぎても尿とともに体外へと排出されますが、脂溶性ビタミンは、しばらく肝臓など体内で貯蔵されるため、過剰摂取した場合はビタミン過剰症を引き起こすことがあります。

水溶性ビタミンは、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンHなど
脂溶性ビタミンは、ビタミンA(レチノール)、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK

各ビタミン過剰症の症状

ビタミンA過剰症:乾燥肌、食欲不振、脱毛など
ビタミンD過剰症:高カルシウム血症など
ビタミンE過剰症:頭痛、吐き気など
ビタミンK過剰症:溶血性貧血など

青汁のシュウ酸が尿路結石の原因

青汁のシュウ酸が尿路結石の原因

ほうれん草などで自家製青汁を作られている方は、シュウ酸の摂り過ぎにも注意が必要です。
シュウ酸は、生のほうれん草やブロッコリーなどに多く含まれており、これらは蓄積すると尿管結石などの尿路結石を引き起こすこともあります。
自家製青汁で結石が心配な方は、シュウ酸の多い野菜は控えめにしましょう。

↓こちらで詳しく書いていますのでご参考にして下さい。
青汁と尿路結石の関係は?シュウ酸は大丈夫?

アレルギーを引き起こすことも

青汁に使われている原料が食物アレルギーの原因である場合は、逆にアレルギーを引き起こすことになりますので、原材料は必ずチェックしてから使用して下さい。
また、クロレラ入りの青汁は、魚アレルギーのある方には注意が必要です。


副作用が心配な場合も。こんな時は医師に相談しましょう

こんな時は医師に相談

青汁を飲み始める場合、青汁の副作用により身体に影響を与える場合もあります。

抗血液凝固剤の服用中の方

ワーファリンなど抗血液凝固剤を服用されている方は、青汁の中に含まれるビタミンKが薬の効果を阻害してしまうことがあり、効果的な治療をできなくなってしまう恐れもあります。

腎臓の悪い方

青汁にはカリウムとリンが含まれています。
腎臓病や腎臓が悪い方、人工透析を受けられている方は、カリウムとリンを排出する力が弱いと言われています。
青汁にはカリウムを多く含む原料が使われているものもあります。
カリウムを排出する力が弱い方は、カリウムが体内に蓄積しやすく、カリウムを蓄積しすぎると高カリウム血症などの健康被害が出る危険性もあります。

糖尿病の治療を受けている方

桑葉の青汁は、桑葉に含まれる1-デオキシノジリマイシン(DNJ)が、血糖値の上昇を防いだり、糖分の吸収を抑え、大腸の働きを助ける働きをします。
しかし、糖尿病治療中の方は、糖尿病薬と桑葉と同じ働きがあるため、血糖値を下げ過ぎてしまう危険もあります。


妊娠中に飲む青汁の危険性は?


妊娠中でも青汁を飲んでいいの?

妊娠中に飲む青汁の危険性は?

自然原料で体に良い青汁ですが、妊娠中は飲んでも良いのかと心配される妊婦さんも少なくないですね。

結論から言えば、青汁は健康食品ですから妊娠中や授乳中も飲むことができます。
ただし、「妊娠中はお控えください」など、青汁の種類によっては注意書きのあるタイプもあるので飲む前には、しっかりとパッケージや公式サイトで確認をするようにしましょう。

妊娠中は特にビタミン・ミネラルが不足しがちになるため、必要な栄養成分の補給が大切です。
中でも特に重要なのは「葉酸」の摂取です。

葉酸とは水溶性ビタミンB群の一種で、妊娠初期に1日400μg程度を摂取することにより、胎児の神経管閉鎖障害の発症の危険性を1/3に低減するのに効果的な栄養素です。
また、葉酸摂取の他に分娩時必要な血液を作るための鉄分、胎児の骨や歯を作る「カルシウム」、妊娠中はお腹が大きくなるため腸が圧迫されやすく便秘になりやすいため「食物繊維」をしっかりと摂ることも大切です。

このように妊娠中に不足しがちになる栄養素を、青汁を飲むことでサポートしてくれるんですね。
最近では、妊娠中不足しがちな栄養素を配合した「妊婦用の青汁」もあり、人気を集めています。

↓妊娠中にあおすすめの青汁についてはこちらの記事に詳しく載せています。
妊娠中の栄養補給に 安心のおすすめ青汁はコレ!

妊娠中におすすめの青汁はコレ!


高橋ミカ 美力青汁「healthy」

妊娠中に必要な葉酸や鉄分、カルシウムマグネシウムの強化!
気になるカフェインや安全性も考慮されている「妊婦さんのための青汁」です。

高橋ミカ 美力青汁「healthy」

原材料名

難消化性デキストリン、大麦若葉粉末、オリゴ糖、抹茶粉末、ドロマイト、ヘム鉄、葉酸

ポイント

・コップ1杯に「葉酸」を100μgも配合
・「栄養機能食品(葉酸)」にも認定
・食物繊維がたった1杯でレタス約0.6個分
・オリゴ糖・鉄分・カルシウム、鉄分、マグネシウムなど妊娠中不足しがちな栄養素を1杯でサポート。
・カフェインは1杯あたり0.0003g。市販緑茶のわずか1/65程度。
・国産、保存料無添加、農薬不使用、防腐剤無添加の安全性

高橋ミカプロデュースの妊婦さんのための青汁です。
妊婦さんに必要な葉酸や食物繊維、ミネラルなどがたっぷりと含まれ、国産大麦若葉を使うなど安全性にも配慮されています。
また、妊婦さんに向けてカフェインも緑茶の1/65とかなり控えめにされているところも嬉しいですね。
メイン野菜である「大麦若葉」の栽培方法も徹底されており、九州産の大麦若葉100%で、害虫の少ない冬に栽培することにより、無農薬栽培も安心感があります。
また、262項目にも及ぶ、残留農薬検査や放射能測定も行い、安全への心掛けや品質管理においても、安心して続けられる青汁です。
美力青汁「healthy」一箱での栄養成分です。
葉酸・・・ほうれん草の約132個分
食物繊維・・・レタスの約36倍
鉄分・・・プルーンの約28個分

鉄分や葉酸に加え、食物繊維もサポートされているので、毎日の便秘対策にも嬉しい青汁ですよ!
高橋ミカプロデュースの美力青汁beautyを試したレビューはこちらから。
高橋ミカプロデュースの美力青汁beauty公式サイトはこちらから。

青汁のカフェインをチェック!

妊娠中のカフェイン

妊娠中、気になるのが「カフェイン」ですね。
妊婦さんが摂ったカフェインは、胎盤を通じて赤ちゃんにも同じ濃度で届けられ、赤ちゃんもママと同じだけのカフェインを摂ることになります。
胎児がカフェインを摂ると、代謝能力が低いため、カフェインを排出する時間が長くなり胎児の体に負担を掛けてしまうんですね。
また、カフェインによって妊娠期に必要な鉄分の6~8割も奪われてしまうのもカフェインを控えたい理由の一つです。
出産にはかなりの血液が必要となるため、鉄分はとても大切なのです。

青汁の原料として良く使われるケール、大麦若葉、明日葉などは、ほぼノンカフェイン(含まれていてもごく微量)ですが、口当たり良くするために「抹茶」や「緑茶」といったカフェインを含む原料が配合されている場合もあります。
しかし、抹茶や緑茶が配合されている青汁でも、カフェインの含有量は、(商品によって異なりますが)1包10mg(それ以下)程度が一般的です。
妊婦さんは、カフェインを1日300mgまでなら、飲んでも影響はないと言われています。
ですから1包10mg(それ以下)程度青汁では、それほど気にする必要もないと言えそうです。
とはいえカフェインの量は青汁によって違いますし、出来れば妊娠中も安心して飲むことができる「ノンカフェイン」・「カフェインレス」の青汁がおすすめです。

青汁の添加物の危険性は?

青汁の添加物

青汁には口当たりを良くしたり、見た目をきれいにするために、甘味料・香料・着色料・合成保存料といった添加物が加えられている場合もあります。
青汁選びの際は、パッケージの原材料名で食品添加物のチェックもするようにしましょう。
添加物が使われている場合でも、天然の植物由来原料を選ぶようにしたいですね。

↓青汁に使われる添加物についてはこちらの記事に記載しました。
無添加、安心成分の青汁は?


おわりに

青汁は健康に良い飲み物ですが、どれを飲んでも同じ効果があるわけではありません。
現在は青汁ブームとも言われ、多種多様な青汁商品が販売されています。
多くの青汁が並んでいると、ついつい価格だけで選んでしまいがちですが、産地や原材料という安全面もしっかりとチェックしたいものです。
青汁は「続けてこそ意味があるもの」

沢山飲んだからといって、気になる症状がすぐに改善するわけではありません。
青汁購入時にはしっかりと目安を確認し、1日に飲む適量を毎日続けることが健康維持にはおすすめです。

総合青汁ランキング 人気の青汁と選び方はこちら


先月度の人気の青汁BEST3


青汁に合うレシピ

カテゴリ内の新着記事

前の記事:青汁と尿路結石の関係は?シュウ酸は大丈夫?

青汁と尿路結石の関係は?シュウ酸は大丈夫?についての特集記事です。

次の記事:青汁の鉄分に注目 貧血予防と改善にはコレ!

青汁が貧血予防と改善に役立つ理由とは?についての特集記事です

ずぼら母さん
イチ押しの青汁
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉の葉・根・茎まで使用。「カルコン」が体をデトックス!

すぼら母さん
おすすめ青汁BEST10
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉使用。飲みやすさと栄養分ともに抜群!毎月、圧倒的な人気を誇る青汁です。

美感青汁のサンプル
美感青汁

女性から人気のジェル型青汁。そのまま食べられて持ち運びにも便利

神仙桑抹茶サンプル
神仙桑抹茶ゴールド

桑葉を使った無添加青汁。お茶職人が作った抜群の飲みやすさ!

運営者プロフィール
ずぼら母さん画像
名前 ずぼら母さん
性別 女性
出身地 三重県鈴鹿市
自己紹介 はじめまして、青汁が好きで好きでたまらないアラフォー主婦のずぼら母さんです。現在の目標は全ての青汁を制覇すること(笑)
Copyright © 2014 ずぼら青汁 - 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ . All rights reserved