目指せ青汁全制覇!ずぼら青汁ブログ

青汁はホットで飲んでもいい?加熱のメリットとデメリットについての記事です 皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

青汁はホットで飲んでもいい?加熱のメリットとデメリット

青汁ホット

青汁は基本的に冷水で飲むものですが、寒い季節はホットで飲みたいものですよね。
冷え症の方は、冷たいお水で青汁を飲むことで体の冷えを感じてしまう方もいるようです。
できればリラックス効果が欲しい就寝前などは温かい青汁で身体を温めたいものです。
しかし、青汁にはビタミンやミネラルが含まれているため、温めることで栄養価が壊れてしまうのではないかと心配される方もみえますね。
今回は、ホットに適した青汁とアイスに適した青汁違いと、それぞれのおすすめ青汁をご紹介します!

青汁はホットで飲んでもいい?のメリットとデメリットの目次です


青汁をホットにすると栄養が壊れる?



ホット青汁は、加熱処理・非加熱処理製法がポイント

粉末青汁

実は青汁にはビタミンB1やビタミンC、酵素といった熱に弱い栄養素が含まれているため、熱湯で飲むことで大切な栄養成分が壊れてしまうこともあります。

青汁の製造方法には、「加熱処理」と「非加熱処理」があり、一般的な粉末青汁は、原料をそのまま加熱して乾燥させ裁断して粉末化する「加熱処理」製法で作られています。

しかし、中には熱を加えず(非加熱で)フリーズドライなどその会社独自の製法で粉末化されているタイプの青汁があります。
いわゆる「生」や「生搾り」と記載されているタイプの青汁ですね。
このような非加熱タイプの青汁は熱が加えられていないため「酵素」を含んでおり、このせっかく含まれている「酵素」がホット青汁にすることで壊れてしまうため非加熱処理製法の青汁はホットには向いていません。

加熱処理された青汁全てが栄養価が低いかと言えばそうではなく、多くの栄養成分を含んでいる青汁もあります。
こういった青汁は、温めても栄養価が壊れにくいため、レシピなどに活用しやすいといったメリットがあります。

ホットや料理におすすめの青汁はコレ!


ふるさと青汁

ふるさと青汁

原材料名

あしたば葉・茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末

★ふるさと青汁公式サイトより抜粋

粉末タイプなので、お水に混ぜるだけでなく、牛乳、ヨーグルトに混ぜたり、お菓子やお料理にも使えます。

ふるさと青汁公式サイトより

このように、公式サイトでもお菓子やお料理にも使えると明記されています。
ホットで飲む場合は、50~70度程度のぬるめのお湯がおすすめですよ。

ポイント

・国産明日葉は、葉だけではなく茎・根を使用
・お菓子やお料理にも使用可能
・腸内環境を整える水溶性食物繊維配合
・食物繊維豊富な桑葉や大麦若葉を配合
・初回申し込みに2週間分のプレゼント!

ふるさと青汁は国産明日葉を主原料に、国産桑葉、国産大麦若葉が配合されている青汁です。
ふるさと青汁の明日葉は、葉だけではなく・茎や根を使用しているところが特徴です。
明日葉の特有成分「カルコン」は、強い抗菌作用があり、がん予防や糖尿病予防、老廃物を排出するデトックスの働きがあります。
更に、食物繊維・野菜の栄養成分豊富な大麦若葉と桑葉を配合。
安心の国産原料を使い、腸内環境正常化しデトックス効果の期待できる青汁です。
今なら初回2週間分のプレゼントの特典もついているのも嬉しいですね!
ふるさと青汁を試したレビューはこちら。
ふるさと青汁の公式サイトはこちらから。

その他には、えがおの青汁満菜もホットや加熱レシピにも対応しているようですよ。


加熱タイプの青汁を温める場合の注意点は?

加熱タイプの青汁を温める場合の注意点は?

加熱処理され粉末化された青汁は、もう既に加熱がされているため熱いお湯割りや加熱調理してもさほど栄養価は変わらないところが特徴です。

しかし、青汁に含まれるビタミンB1やビタミンCは熱に弱いので、加熱調理する場合は、なるべく短い時間で行うのがおすすめです。
ビタミンAやビタミンE、食物繊維、カルシウムなどのミネラルは熱による栄養の損失はなく温めてもしっかりと青汁から摂ることができます。


アイスがおすすすめ 「酵素」入り青汁って?

非加熱タイプの青汁

非加熱製法で作られた「酵素入り青汁」も数多く販売されています。
この「酵素」が含まれるかどうかは、青汁の製造方法によって異なります。

「酵素」を含む青汁は、青汁のパッケージなどで確認することができます。
その他にはシェーカーで振った時やスプーンで混ぜた時に泡立ちができることが酵素が入っている特徴ですね。

非加熱タイプの青汁を飲む時の注意点は?

非加熱タイプの青汁を飲む時のポイント

では、粉末タイプで非加熱処理製法の青汁は、どのように飲んだら良いのでしょうか?

酵素は熱に弱く、一般的には50~70度程度の温度で破壊されてしまうと言われています。
ですから、冷水で飲むのがおすすめですが、どうしてもホット青汁にしたい場合は、人肌程度に冷ましたお湯を使うようにしましょう。
また、酵素が含まれている青汁レシピを作る時は、できるだけ加熱しない調理法がおすすめです。

また、酵素はと時間と共にどんどん失われていくため、非加熱処理の青汁は「作り置きをしない」ということもポイントです。

ただ、加熱処理された青汁でも「作り置き」については保存料が入っていないため、お茶と同じく1日程度が限界です。

そもそも「酵素」とは?

酵素とは

ところで、熱で壊れてしまう「酵素」とはどういったものなのでしょうか?
酵素とは、体内で作り出されているタンパク質の分子で、全ての生物が持っている栄養素です。
酵素の種類は大きく分けて3種類あり、体内の消化、エネルギー、代謝など、私たちが生きていく上であらゆる反応の手助けをしてくれます。

1 消化酵素
食べた物を分解し、消化吸収の手助けをする酵素です。
2 代謝酵素
呼吸をしたり、体や内臓を動かしたり、排泄をしたり、皮膚・骨・筋肉の代謝、病気の抵抗力を強化する酵素です。
3 食物酵素
発酵食品や生野菜・果物・鮮魚等に含まれる酵素です。

消化酵素・代謝酵素は、体内で作られ、病気になったり歳をとったりすることで減少していきます。
食物酵素は、体内では作られず食物から摂取する酵素で、一般的に販売されている酵素ドリンクや酵素入りの青汁は、この「食物酵素」を意味しています。
食物酵素は体内で分解され、「酵素」として体に摂り込まれることはありませんが、他の栄養素が強化され、元々体内にある酵素を活性化させる働きがあるのです。

ちなみに「酵素がダイエットに良い」と言われているのは、食物酵素により、消化・代謝酵素の働きを活性化させるため基礎代謝が上がり、体内の消費エネルギーが増えてダイエットへと繋がるからです
つまり、酵素自体が直接体に効く、というわけではないのです。

酵素をキープしている搾りたてが味わえる青汁はコレ!


サンスター健康道場 おいしい青汁

サンスター健康道場おいしい青汁

原材料名

ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモン、クチナシ色素

ポイント

・9種類の緑野菜を使用
・熱を加えずレモン汁で酵素をキープ
・リンゴとレモンを配合され、ピューレ状でスムージーのような飲みやすさ
・缶タイプなのでいつでもどこでも飲むことができる
・1本で青野菜の栄養素約90gをサポート
・保存料・香料・食塩・砂糖無添加
・お試し10本セットで手軽に試すことができる

ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモンといった9種類の青野菜にリンゴとレモン2種類の果物を配合した、ピューレ状の青汁です。
野菜の味わいをそのまま活かし、加熱をおさえて加工したフレッシュピューレ製法で作られているので酵素がそのまま残っています。
ビタミン、ミネラル、食物繊維など不足しがちな栄養素がバランスよく含まれていて、すりおろしたての野菜ピューレのとろみや搾りたてのフレッシュ感があります。
1本で青野菜の栄養素約90gを補うことができるところもポイントです。
缶タイプなので朝食時や風呂上がりに手軽に飲むなど、飲みたい時にすぐ飲むことができるところもメリットです。
気になったらサンスター公式サイトからお試し10本セットで手軽に試すことができるのでおすすめですよ。
サンスター健康道場 おいしい青汁を試したレビューはこちらから。
サンスター健康道場 おいしい青汁の公式サイトはこちらから。

冷凍青汁を飲む時の注意点は?

電子レンジ

最近では、冷凍青汁もコンビニなどで市販されていますよね。
「すぐ飲みたい!」という気持ちもありますが、電子レンジなどで慌てて解凍するのはおすすめできません。
冷凍青汁は、ケールや大麦若葉など青汁の原料をそのまま搾って冷凍されているものがほとんどで、加熱することで前項と同じく大切なビタミンミネラルや酵素が壊れる場合があるからです。

冷凍青汁を自然解凍する時間がない時は、常温のお水に浸けるか流水で解凍するのがおすすめです。
温めて飲みたい方は、人肌程度の温度で飲むようにしましょう。


冷え性対策に使いたい 体を温めるホット青汁は?

身体を温める素材

青汁は体を冷やすって本当?


青汁を飲むと「体を冷やす」と思われている方もいます。
この「青汁による冷え」は、青汁を冷たい水に溶かして一気に飲むことで、体温が下がり体が一時的に冷やされることが一番の原因のようです。
体の冷えを予防するためには、水の代わりに人肌程度の温度のお湯で青汁を作ったり、温かいレシピに混ぜるといるのも一つの手です。

青汁と一緒に、すりおろしたショウガを入れたり、レモン汁を入れることで体を温める効果もあります。
青汁によっては、原材料にショウガやレモンが配合されているタイプの青汁もありますし、女性用の成分を配合して作られているタイプもあります。
冷えにお悩みの方は、体を温める素材を加えたり、あらかじめそのような素材がプラスされている青汁を選ぶことも青汁選びのポイントです。

冷え

青汁には身体を温めるビタミン類やミネラル類も豊富に含まれています。
ビタミン(B1・B2)や鉄や亜鉛などのミネラルは、体に取り込まれている食べ物を熱やエネルギーに変換させる働きをしています。
また、ビタミンEは、血行を促進させ血液を体の隅々まで行きわたらせる働き、ビタミンCはミネラル分の吸収を助けたり、毛細血管の機能を保つ働きもあり、両者は冷え症の方には必要な栄養素なのです。
これらの栄養素は青汁にはたっぷりと含まれているため「冷水で飲む」ことに気を付ければ青汁は冷え性対策にも有効なのです。

また青汁によっては乳酸菌などの善玉菌が配合されているタイプもあります。
乳酸菌は40度程度で死んでしまうと言われています。
しかし、最近の研究では、熱で死んだ菌(死菌)も体に良いとされ、悪玉菌を体外に排除する働きをしてくれるのです。

安眠にはホット青汁がおすすめ

安眠

青汁には抹茶風味や青汁特有の野菜味だけではなく、ハーブや生姜、フルーツが配合されている商品があり、リラックス効果をもたらしてくれるものもあります。
寝る前は、特にこのようなリラックス効果のある青汁をホットで飲むのが不眠の方には特におすすめです。
体を温める効果と同時に青汁に配合されているフレーバー体にリラックス効果をもたらします。
また、ケールの青汁には「メラトニン」という成分が含まれ、快適な眠りをサポートする安眠効果もあるのです。

ホットがおすすめ リラックス効果の高い青汁はコレ!


めぐりごこち 楽月花

楽月花

原材料

あした葉茎末、オリゴ糖、生姜粉末、きくらげ粉末、ヒハツ抽出物(デキストリン、ヒハツエキス)、西洋ヤナギ抽出物、西洋オトギリ草抽出物、西洋ニンジンボク抽出物

ポイント

・体を温める生姜やヒハツを配合で身体の代謝をアップ
・ホルモンバランスを整える「西洋ヤナギ」、「西洋ニンジンボク」など女性に最適
・ハーブ風味でリラックス効果


めぐりごこち楽月花
はふるさと青汁でおなじみのマイケアが、女性特有の悩みのために作ったハーブ系の青汁商品です。
主原料にデトックス効果のあるあした葉を使い、こだわりの奄美諸島・徳之島産の生姜、身体を温める「ヒハツ」・「黒糖」、不足しがちな鉄分・ビタミンD・食物繊維・セラミドを含む「きくらげ」、リラックス効果やホルモンバランスを整える「西洋ヤナギ」、「西洋ニンジンボク」を原料に、野菜分補給の他に、女性の体のサイクルを考えた成分をプラスして作られています。
また、飲みやすさとリラックス効果を考えたハーブの風味も、女性には嬉しいですね。
生姜で体がぽかぽかになるので、リラックスしながら快適な睡眠を得られそうですね。
めぐりごこち 楽月花を試したレビューはこちら。
めぐりごこち 楽月花の公式サイトはこちら。

おわりに


青汁には、加熱処理タイプと非加熱処理タイプがあり、酵素を摂りたい場合は非加熱タイプの青汁、ホットで飲んだり温かい料理として利用したい場合は、加熱処理タイプの青汁を選ぶなど、用途に合わせて青汁を選ぶことがおすすめです。
味のバリエーションを楽しみたい時は、少し冷ましたココアやスープなどに青汁を加えたり、少し冷ました牛乳や豆乳にはちみつやきな粉を入れてみるのもおすすめですよ。
加熱処理製法の青汁は、ホットケーキなどの青汁レシピに使うのもおすすめです。
青汁には製造方法による飲み方の違いもあるので、パッケージをチェックし日頃の野菜不足解消に役立てて下さいね。


ずぼら青汁で人気 総合青汁ランキングはこちら


先月度の人気の青汁BEST3


青汁に合うレシピ

カテゴリ内の新着記事

前の記事:ガン予防に活用したい 野菜成分が多いおすすめの青汁は?

青汁はガン予防に活用できる?の特集記事です

次の記事:青汁は定期購入がお得!コスパで比較するならコレ!

青汁は定期購入がお得!コスパで比較するならコレ!の特集記事です

ずぼら母さん
イチ押しの青汁
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉の葉・根・茎まで使用。「カルコン」が体をデトックス!

すぼら母さん
おすすめ青汁BEST10
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉使用。飲みやすさと栄養分ともに抜群!毎月、圧倒的な人気を誇る青汁です。

美感青汁のサンプル
美感青汁

女性から人気のジェル型青汁。そのまま食べられて持ち運びにも便利

神仙桑抹茶サンプル
神仙桑抹茶ゴールド

桑葉を使った無添加青汁。お茶職人が作った抜群の飲みやすさ!

運営者プロフィール
ずぼら母さん画像
名前 ずぼら母さん
性別 女性
出身地 三重県鈴鹿市
自己紹介 はじめまして、青汁が好きで好きでたまらないアラフォー主婦のずぼら母さんです。現在の目標は全ての青汁を制覇すること(笑)
Copyright © 2014 ずぼら青汁 - 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ . All rights reserved