目指せ青汁全制覇!ずぼら青汁ブログ

無添加、安心成分の青汁についての特集記事です 皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

無添加、安心成分の青汁は?

無添加青汁

青汁は野菜不足解消だけでなく、美容成分も配合され美容と健康ををサポートする健康食品として、続ける方も多くなりましたね。
最近では、青汁を飲む目的に合わせて様々な青汁が販売されるようになりました。
一昔前まで青汁は「まずい飲み物」の代名詞として、テレビ番組の罰ゲームなどでも使用される程でしたが、現在では抹茶味やフルーツ味など風味の改良もされ、お子様、女性、男性、高齢者、妊婦さんなど幅広い世代で美味しく続けられるようになっています。

しかし、青汁が飲みやすくなった反面、甘味料や香料といった食品添加物を使用する青汁も多くなりました。
食品添加物は、食品の風味、保存のためなどに使われ、全てが「悪」というわけではありませんが、青汁は長期的に続けてこそ効果のある飲み物ですので、できるだけ安全に飲み続けたいものです。
妊婦さん
厚生労働省において、食品添加物は、動物実験で無害であることが確認された量の100倍超の安全率を見込んで使用基準が定められているものの、特にお腹に赤ちゃんのいる妊娠中などは、できるだけ安全で無添加の青汁を選びたいものですよね。
今回は無添加の青汁や安心して飲むことができる青汁について特集します!

青汁の原料と添加物をチェックしましょう

添加物

青汁を手に取ったら、まずどんな原料が使われているのか「原材料」をチェックすることが大切です。
商品パッケージで、主原料は何なのか、人工甘味料や香料、着色料などの添加物は使われているのかなど、青汁の内容を確認をしてしましょう。

原材料名の確認方法は?

原材料名

商品パッケージや商品ラベルに記載されている「原材料名」というのは、JAS法において表示の仕方が決まっています。

※JAS法とは、正式には「農林物資の規格化等に関する法律」といい、食料品や飲料、農産物、建材などの品質に関する適正な表示について定めている法律です。
農林水産省が管轄しており、製品を審査して基準を満たすことで「JASマーク」が付与されます

・原材料名では、商品に含まれている重量の多い物から表示されている。
・添加物は、原材料とは区分されて表示されており、重量の多い物から表示されている。

原材料名は上記のような表示になっています。
このうち「主原料」というのは、材料の中で重量が上位3品目に含まれており、なおかつ、食品中を占める重量が5%以上のものを指します。

ケールの青汁を飲んでいるつもりだったのに、実は大麦若葉の方が青汁に入っている比重が多かったり、主原料よりもブドウ糖などの甘味成分が前に表示されている青汁もあります。
青汁を選ぶ時は、「どんな原料を主原料にしているか」というところも確認しておきたいものです。

無添加で安心成分のおすすめ青汁は?


神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールド

原材料名

桑葉・緑茶・シモン(葉・茎)

ポイント

・食物繊維がレタスの約34倍含まれています
・無添加の安心感
・お茶職人さんによって作られるため本格的な抹茶味

神仙桑抹茶青汁ゴールドは、原材料が桑葉・緑茶・シモン(葉・茎)のみの完全無添加の粉末青汁です。
桑の葉7割、緑茶2割、シモンの葉1割の配合でできています。
桑の葉は、βカロテン・ビタミンE・C・B2・カルシウム・鉄分・マグネシウム・ミネラル・食物繊維をなどを多く含み、特有成分「DNJ」(1-デオキシノジリマイシン)を含有するダイエット効果も期待できる青汁です。
中でも、桑葉とシモンには豊富な食物繊維が含まれ、その食物繊維量はレタスの34倍にもなります。
また、神仙桑抹茶青汁は、お茶屋のお茶職人さんによって作られ、その抹茶風味の飲みやすさ・美味しさも特徴の一つです。
神仙桑抹茶を試したレビューはこちら。
神仙桑抹茶の公式サイトはこちらから。

サンスター健康道場 おいしい青汁


サンスター健康道場おいしい青汁

原材料名

ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモン、クチナシ色素

ポイント

・保存料・香料・食塩・砂糖無添加
・ノンカフェインなので妊婦さんにもおすすめ。9種類の緑野菜を使用。
・リンゴとレモンを配合され、ピューレ状でグリーンスムージーのような飲みやすさ
・缶タイプなのでいつでもどこでも飲むことができる
・1本で青野菜の栄養素約90gをサポート。つわり時の栄養補給にも。
・お試し10本セットで手軽に試すことができる

ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜の9種類の栄養価の高い青野菜にリンゴとレモン2種類の果物を配合した、ピューレ状の青汁です。
保存料・香料・食塩・砂糖が無添加。余分なものが一切入っていません。
ビタミン、ミネラル、食物繊維など不足しがちな栄養素がバランスよく含まれていて、すりおろしたての野菜ピューレのとろみやフレッシュ感を感じる味わいです。
1本で青野菜の栄養素約90gを補うことがでるところもポイントです。
缶タイプなので飲みたい時にすぐ栄養補給できるのもいいですね。
野菜の味わいをそのまま活かし、加熱をおさえて加工したフレッシュピューレ製法で作られています。
今ならサンスター公式サイトからお試し10本セットで手軽に試すことができるのでおすすめです!
サンスター健康道場 おいしい青汁をためしたレビューはこちらから。
サンスター健康道場 おいしい青汁の公式サイトはこちらから。

青汁の原材料名で良く見掛ける添加物は?

青汁の添加物

ここでは青汁で良く見掛ける添加物をご紹介します。
添加物は、原材料とは区分されて表示されており、原材料の後に重量の多い添加物から表示されています。
お手持ちの青汁がある場合は、是非確認してみて下さいね。

甘味料(天然)

★麦芽糖(マルトース)

トウモロコシやサツマイモなどに含まれる2糖類で、甘味は薄い。
甘さは砂糖の約30%です。

★還元麦芽糖水飴

麦芽糖水飴は、麦芽糖の含有率が高い水飴です。
トウモロコシ、サツマイモ、バレイショなどから得られるデンプンを、分解し麦芽糖水飴にしたのち、還元することによって作られます。
甘さは砂糖の約70~80%です。

★エリトリトール(エリスリトール)

メロンなど果物の中に含まれている甘味成分です。ブドウ糖を発酵させることにより作られる、糖アルコールの一種。
甘さは砂糖の約70~80%です。

★トレハロース

キノコ類、酵母、ヒジキなどに含まれており、水飴と同じくでん粉から生成されています
甘さは砂糖の約40%です。凝固抑制なども特徴です。

人工甘味料

★スクラロース

砂糖から生成された人工甘味料です。
「有機塩素化合物」に分類され、成分中の1/4強が有機塩素化合物です。
ノンカロリーというところから、ダイエット食品・飲料、サプリ、ドレッシング、菓子などに含まれています。
甘さは砂糖の約180~200%です。

増粘剤(天然)

★キサンタン

キサントモナス菌の多糖類を精製したガム質です。水に溶かすと粘性を出す物質で増粘剤、安定剤として、食品・化粧品に使用されています。

・グァーガム

グァー豆の種子に含まれる天然の多糖類でガラクトマンナン"一種です。
水に溶かすと粘性を出す物質で増粘剤として使われています。

食物繊維(天然)

★デキストリン

じゃがいもやとうもろこしのデンプンが分解され、麦芽糖になる過程でできる中間物質の総称です。
顆粒化、粘度の調整顆粒化、粘度の調整にも使われます。

・難消化性デキストリン

デキストリンを焙焼し分解し、難消化性部分を分離精製したものを難消化デキストリンといいます。小腸では分解されない食物繊維として使われています。

※増粘剤 粘度や食感を向上させる。

これ以外にも、天然や人工の様々な添加物が使われている場合もあります。
気になったら一度確認をしてから購入をすることがおすすめです。


さらにチェック!青汁の安全性

青汁の安全性

青汁の安全性を確認するためには、添加物だけでなく、産地や製造方法などもチェックすることもポイントです。

産地や栽培方法が明記されているかもチェックしましょう

栽培方法

原料の産地が明記され、有機栽培や無農薬栽培等、安全性へのこだわりをもって栽培されている青汁かどうかチェックしましょう。
青汁によっては原料についてはその成分などを大きく謳ってあるのに、産地については全く記載されていないものもあります。
原料にこだわりがあるからこそ、どこで作られて、どのように育てられているのかをキチンと明記されているのは、安全な青汁を選ぶための重要なポイントになります。
どんなに安くて良い成分を含んだ青汁であっても、産地についての説明のないものはやはり不安ですね。

有機JASマークとは?

JAS

青汁のパッケージには、「有機JASマーク」のついているものも見掛けるようになりました。
この「有機JASマーク」は、農林水産省の規格に基づき有機農産物や有機加工食品が生産製造されていることを証明するマークです。
ですから、どの食品にも使って良いのではなく、国の定めた厳しい条件をクリアした食品として有機やオーガニックの表示ができるのです。
安心・安全を第一に青汁を選ぶ場合は、JASマークを確認するのもお勧めです。

有機栽培(オーガニック)とは?

ではJASマークが証明する「有機栽培」や「有機農法」についてご存じでしょうか?
有機栽培とは、無農薬、化学肥料不使用で、有機肥料や自然の恩恵を利用して栽培する方法です。
有機JASが表示される「有機」、「オーガニック」食品には、農産物が国が定める有機圃場(ゆうきほじょう)として認定される必要があります。

★有機JAS農産物の条件
・堆肥等で土作りを行う。
・2年以上禁止された農薬や化学肥料を使用していない農場で栽培する。
・栽培中も禁止された農薬、化学肥料を使用しない。
・遺伝子組み換え技術を使用しない。


また、近隣にも農場がある場合は、農薬の飛来を避けるため緩衡(かんしょう)地帯を設けるといった対策も必要となる場合もあります。
これらの厳しい基準においてオーガニック原料は作られるのです。

有機加工食品とは?

★有機JAS加工食品の条件
・原材料は、水と食塩を除き、95%以上有機食品を使う。
・化学合成された添加物や薬剤の使用は極力使わない。
・遺伝子組み換え技術を使用しない。


↓こちらに詳しく書いていますので参考にして下さいね。
無農薬は本当に安全?安心な青汁を選ぶには?


原料がシンプルでわかりやすい!安心感と栄養価の高い青汁は?


ファンケル本搾り青汁ベーシック

ファンケル本搾り青汁ベーシック

原材料

ケール(国内産)、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、DFAⅢ


●ファンケル本搾り青汁ベーシックのここがポイント!
・ミネラル農法で育てられた国産のケール青汁
・植物性ツイントースDFAⅢでカルシウム吸収率アップ
・1包で1食分の緑黄色野菜をサポート
・500円で送料無料の初回お試しセットがあります

ファンケル本搾り青汁ベーシックは、ビタミン類やミネラル類が豊富なケールの青汁です。
国内契約農家が土から作るミネラル農法で育てたケールをベースに、ファンケルが作った植物性ツイントース(オリゴ糖)が配合されています。(このオリゴ糖が「DFAⅢ」です。)
カルシウムは牛乳50ml分と吸収を強化しており、骨粗しょう症予防としても使えます。
ファンケル本搾り青汁ベーシックでは1食分の緑黄色野菜量を補うことができます。
一日3包が目安量ですが、どれだけの成分が摂れるのかあらかじめわかっているため、野菜を摂った時には飲む包数を減らしたり、摂れなかった時に飲んだりと、飲む量の調整ができるところもポイントです。

工場に運ばれたケールは、凍結した後粉砕するフリーズドライ粉末とケールの搾汁液をスプレー状に噴霧したものを急速に乾燥させるスプレードライ粉末とをブレンドし作られています。
二つをブレンドすることで青臭さや粉っぽさを抑えた新鮮でまろやかな青汁を作り出しています。
なんと今なら税込500円の価格で試すことができるところもオススメポイントです。
ファンケル本搾り青汁ベーシックをためしたレビューはこちらから。
ファンケル本搾り青汁ベーシックの公式サイトはこちらから。


ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁

原材料

クロレラ、ケール、長命草、ステアリン酸カルシウム

ポイント

・イソチオシアネートを含むケールの青汁
・栄養価の高いクロレラが配合された青汁
・粒タイプなので味を気にせず飲むことができる
・賦形剤を使っていないので身体への吸収率アップ

ステラの贅沢青汁はクロレラ、ケール、長命草全て国産原料を使った粒タイプの青汁です。
青汁はまずくて飲めないという方も、サプリメントのような粒状なので味を気にせず飲むことができるところも人気です。
ビタミン類・ミネラル類・食物繊維・葉緑素・アミノ酸を1日3粒~でサポートできてしまうところもポイントです。
福岡産のクロレラは、緑藻の一種で、「アルカリ性食品の王様」とも呼ばれ、ミネラル・ビタミン群・アミノ産などの天然成分40種類以上を含む万能の葉緑素です。
また、沖縄産長命草は、抗酸化作用のあるカロチン・ビタミンC・ビタミンEを多く含み、健康や美容に良く長命の源です。
また、ステラの贅沢青汁は賦形剤を使用していないので、体内での吸収率も良く、効率的に栄養を摂ることができるとこがメリットです。
唯一気になるステアリン酸カルシウムは、吸湿性の防止やコーティング剤として使われている添加物で、サプリメントや国内の医薬品などでも広く使われており、安全性は高いと言われています。
粒タイプなので量の調節をしながら食生活をサポートできるところもいいですね。
ステラの贅沢青汁を試したレビューはこちら。
ステラの贅沢青汁の公式サイトはこちらから。

おわりに


青汁も飲む側の目的に合わせ、多種多様になってきました。
昔と比べると味も随分改善され、飲みやすく加工されている商品も増えました。
しかし、その反面、添加物も増え、安全性が気になる青汁も出てきたという事実もあります。
食品添加物は、食品の味や香り、色や保存のために使われ、全てが「悪」というわけではありませんが、青汁は長期的に続けてこそ効果のある飲み物ですので、できるだけ安心できて栄養成分たっぷりの青汁を選び、健康維持に役立てたいものですね。



安全で安心できる 総合青汁ランキングはこちら

先月度の人気の青汁BEST3


青汁に合うレシピ

カテゴリ内の新着記事

前の記事:潤命青汁のレビュー

潤命青汁のレビュー記事です

次の記事:安い青汁は大丈夫?お得感のあるおすすめ青汁は?

安い青汁は大丈夫?お得感のあるあすすめ青汁は?についての特集記事

ずぼら母さん
イチ押しの青汁
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉の葉・根・茎まで使用。「カルコン」が体をデトックス!

すぼら母さん
おすすめ青汁BEST10
ふるさと青汁写真
ふるさと青汁

八丈島産明日葉使用。飲みやすさと栄養分ともに抜群!毎月、圧倒的な人気を誇る青汁です。

美感青汁のサンプル
美感青汁

女性から人気のジェル型青汁。そのまま食べられて持ち運びにも便利

神仙桑抹茶サンプル
神仙桑抹茶ゴールド

桑葉を使った無添加青汁。お茶職人が作った抜群の飲みやすさ!

運営者プロフィール
ずぼら母さん画像
名前 ずぼら母さん
性別 女性
出身地 三重県鈴鹿市
自己紹介 はじめまして、青汁が好きで好きでたまらないアラフォー主婦のずぼら母さんです。現在の目標は全ての青汁を制覇すること(笑)
Copyright © 2014 ずぼら青汁 - 青汁の辛口レビューと簡単に作れる青汁レシピ集ブログ . All rights reserved